今日の迷言・余言・禁言

元の姿に戻った…三人のタレント知事

橋下徹氏が「おおさか維新の会」の顧問も辞めて、完全なる(?)タレント弁護士に戻ったらしい。そう、これこそ彼の“本来の姿”だった。彼は2008年~2011年にかけて大阪府知事を務めたが、実はこの時期、もう一人のタレント知事が活躍していた。そう東国原英夫氏である。彼は2007年~2011年にかけての宮崎県知事だった。彼も現在は元の姿に戻り、政治タレントのような立場で活躍している。そして、この二人が出現する直前まで、つまり2000年~2006年まで長野県知事をしていたのが作家出身の田中康夫氏だった。彼もまた現在は作家業に戻っている。確かに、マスコミへのアピールが上手かったせいもあって、この三人共に知事時代は“華やか”だった。田中氏など“ガラス張りの知事室”まで公開し、職員の方達は余計な緊張感の中で仕事をせざるを得なかったことだろう。東国原知事時代、宮崎県は全国版のニュースにしばしば登場した。観光客も急激に増えた。橋下知事時代、大阪府が抱える問題は、そのまま日本が抱える問題でもあるかのように報道された。三人とも個性が強く、味方も多かったが敵も多かった。地域住民まで二分されたような格好となった。三人共に、このままいけば“やがて総理も狙える”かに思われるような一時期があった。けれども、ほころびも早かった。結果的に三人が果たした功績は、その地域住民の誰もが“政治に目を向けた”部分にあったのかもしれない。けれども、どこか“途中で放り投げた”印象も残った。特に橋本氏の転身は目まぐるしく、結局、誰のために政治を行っているのかよく解からなかった。忍耐強く物事を形にしていく実務は苦手だったのかもしれない。“理想だけでは突っ走れない”という印象を残して、彼は政界から去った。こうして、三人のタレントは本来の土俵に戻ったが、誰も彼らに「政治家に戻ってほしい」とは、もう思わない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.