今日の迷言・余言・禁言

優しさか、冷たさか、自由奔放か

日米首脳会談に随行する明恵夫人は10日、ワシントンの聴覚障碍者の大学を訪れたが、通常、案内役として同行する大統領夫人の姿はなかった。このことをアメリカのマスコミは“異例のこと”として取り上げている。その一方で、安倍首相とトランプ大統領の“19秒間の握手”も、同じように“異例”として取り上げられた。今回メラニア・トランプ大統領夫人は、別荘へと向かう空軍基地から合流する形をとった。なぜ、メラニア夫人は明恵夫人の案内役を嫌ったのだろう。いくつかの理由が考えられる。その一つは“聴覚障碍者の施設”等には興味がない。また案内できるほどの知識もない。そもそも自分は大統領夫人なのに、なぜ日本の首相夫人が行きたい場所に同行しなければならないのか。食事会に付き合えば十分ではないか。大体が自分は“大統領夫人”を目指して彼と結婚したのではない。私は“不動産王”と結婚したのだ。明恵夫人にしたって、元々は大手企業の社長令嬢だったはずだ。私と同じように、一人で好きなところに出掛けたいかもしれない。それに初対面で何を話せば良いか、私は政治・社会の話など興味がない。ファッションに興味のある女性なら仲良くなれるかもしれないが、どう見ても明恵夫人は“居酒屋の叔母さん”だし、趣味も違う。私は障碍者やボランティアなど興味もない。本当はファーストレディとして“外交”すること自体、私には不似合いなのだ。私はいつでも自由でいたいし、そうなれると思って“不動産王”と結婚したのだ。もし、明恵夫人が自分と同じような考えなら、私は“優しい人”になれるし、プライドの塊なら“冷たい人”に映るだろうし、包容力のある奥様なら“自由奔放な人”と思ってくれるだろう。それで良いのだ。


最近の記事はこちら

なぜ日本の男性未婚率は“急上昇”したか

発売されたばかりの『データで読み解く「生涯独身」社会』という本が注目されている。データを基として、日本の男女の“未婚率”や“交際率”や“結婚願望”の比率などを示し、特に男性における「生涯独身」が、今後…続きを読む

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.