今日の迷言・余言・禁言

偶然の「選択」と、必然からの「選択」

私たちの日常は“偶然の選択”と“必然からの選択”のどちらかを採用し続けて今日に至っています。もちろん“偶然の選択”とは“意図的ではなく選び出されること”で、たまたまそうなったとか、そうせざるを得なかったような場面での選択です。入学でも、就職でも、恋愛でも、結婚でも、人生上のあらゆる場面で“偶然の選択”となる場合があります。たまたま“近かった”のでその学校を選んだ。たまたま一番先に“内定が来た”のでその会社に決めた。たまたま同じ“テーブルで隣り合わせた”ので会話し恋愛が始まった。たまたま失敗し“妊娠した”ので結婚を決めた…。このようなケースとは逆に、意図的にそれだけを求めて突き進むこともあります。“希望する仕事に就くため”この学校を選んだ。尊敬する“先輩を慕って”この会社に入社した。最高に“可愛かったので”必死で恋愛にこぎつけた。どうしても“この女性と結婚したかった”ので粘り強くプロポーズし続けた…。ところが人生には“必然からの選択”が許されない場合もあります。例えば自分が気に入っても、相手側の方が拒絶する場合です。結局、“偶然の選択”ばかりというわけにもいかず、“必然の選択”ばかりというわけにもいかないのが人生なのです。しかも、そのどちらを選択すれば「幸福」なのかは一概に言えません。最終的に「運命」は、その人にふさわしいものを“選択させている”のかもしれません。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.