今日の迷言・余言・禁言

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられることがある。アメリカ大統領トランプ氏の妻メラニア氏の銅像が、その故郷である中欧スロベニアのセブニツァに9月15日、お目見えした。制作したのは芸術家のブラッド・ダウニー氏である。その画像を見れば、おそらく誰もが「えっ、これなの?」と驚く。まず、第一に、誰なのか全くわからない。「似てる」とか「似ていない」とか以前の問題である。よく、これを公開することを“その街”が認めたな、と思うような作品なのだ。実は、ダウニー氏はこれが二度目の制作なのだ。一度目は木像の作品だったのだが、それは放火されてしまった。そこで、今度は“放火されない”よう銅像にしたのだ。銅像の夫人らしき彫像は片手をあげている。それが何を意味するか解からないが、どう視てもメラニア夫人には見えない。よくよく訊くとダウニー氏は、夫人を称えようと故郷に銅像を建てたのではない。等身大だという銅像だが、ほんとうは夫人ではなくトランプ大統領に文句があるのだ。トランプ大統領の“移民政策”に対し「反対している」ことの意思表明として、この銅像を制作したというのだ。つまりは、メラニア夫人には何の関係もない。大統領の下した政策に対して、その夫人を“揶揄するような作品”を作ることで、その意図を反映させたいという“面倒な銅像”なのだ。この芸術家はいろいろな意味で間違っている。もしも、トランプ大統領の政策に対して反対したいなら、トランプ大統領の故郷で行えば良い。わざわざメラニア夫人の故郷で活動する意図が解からない。彼女には何の“罪”もない。最初に木像を作って燃やされたのは、その作品が街に遺したいような“芸術品”となっていなかったからだろう。それにも懲りず、今度は銅像で“燃やされない”ようにするというなら、もっと“誰なのか”くらいは、すぐ解かるよう制作すべきだ。そして、もっと“楽しい風刺”をこめれば、芸術作品として受け入れられたかもしれない。街としては、こんな“ヘタクソな銅像”を建てられても、しかも、樹の切り株の上に建てられても困惑するばかりだろう。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.