今日の迷言・余言・禁言

何百万人より一人に「愛される人生」の選択

かつてAKB48でアイドルだった川栄李奈氏が第一子を出産したことを報告した。同じ日、先月“第一子の妊娠”を公表していた元AKB48の主要メンバーだった篠田麻里子氏が公式の場に出席した。さらに同じような時期に人気の頂点にあったタレントのベッキー氏が妊娠していることを公表した。まるで言合せたかのように、それぞれが“妊娠の喜び”“母になることの幸せ”を表現したのだ。彼女たちには、いずれも熱狂的アイドルオタク層の支持者たちがいた。ただ「結婚」に関しては、必ずしも“祝福”ばかりされていたわけではなかった。その結果、一時期のような人気が今はない。けれども、三人共とても幸せそうである。私たちは多くの場合、勘違いをしやすい。何百万人もの人々から“熱狂的な支持”を受け、歓声を浴び、マスコミに追いかけられ、仕事に奔走する。確かに、それはそれで華やかで活き活きとした人生の一場面ではある。けれども、だからと言って、それが幸せだとは決めつけられない。操り人形のようにスケジュールに追われながら日々を過ごしても、どんなに多くの人々から愛されても、それで“心からの幸せ”を実感できる保証はない。むしろ、本当の意味でのプライベートとしての時間が持てず、心の中が削り取られていくような寂寞感を感じてしまう人もいる。どんなに多くの人達から愛されたとしても、それらの人達の「たったひとりの人」ではありえない。仮に「たったひとりの人」であったとしても、自分はその人を本当には知らないし、その人と“愛を分かち合いたい”わけでもない。愛されて、本当に幸せなのは、自分もその人を愛している時だ。だから、彼女たちは何百万人よりも、そのひとりの方を択んだ。そして、その“愛する人”の子供を産む。自分の“分身”としての子供を産む。それは女性にしかできない。女性だけの“幸せ”なのだ。こうして三人は“一人の愛”を捕まえに行った。彼女たちは、必ずしも“祝福された結婚”とは言えない部分があったかもしれないが、それは第三者の勝手な思い込みであって、自分自身で“選択した”人生に後悔はないのだ。世の中には何百万人からの愛情を受け続けたいばかりに「たったひとりの人」からの愛情を拒絶してしまう人もいる。けれども、その何百万人は、いつまでたっても“心からの幸せ”を与えてくれる人にはならない。そして、いずれ離れていく。別れの言葉もなく離れていく。“花嫁”としての喜び、“母親”としての喜びは、何百万人に背を向けなければ得られない。


最近の記事はこちら

日本人3割が、今も喫煙している事実

そういえば今もタバコは売られている。だから無くなったわけではなかった。けれども一般的な感覚として、何となく今の日本にはもうタバコを吸う人達はいなくなったかのような印象を受けていた。街でタバコを吸う人を…続きを読む

39歳すべて失い、71歳“5大会五輪出場”の人生

本当の人生はもろもろ全てを失ってから始まる。時折、そう感じさせるような人物がいる。大井利江氏などは、その典型と言える。71歳で五度目のパラリンピック出場の切符を手にしたのだ。しかも、この人、49歳まで…続きを読む

何百万人より一人に「愛される人生」の選択

かつてAKB48でアイドルだった川栄李奈氏が第一子を出産したことを報告した。同じ日、先月“第一子の妊娠”を公表していた元AKB48の主要メンバーだった篠田麻里子氏が公式の場に出席した。さらに同じような…続きを読む

「35歳」を境に“運命”が大きく変わる職業

アンケートとか調査データには、時々首をひねるようなものがある。このほど公表された「未婚率と職業との関係性」を示すデータはさまざまな点で興味深いのだが、私がもっとも注目したのは、35歳を境として「結婚し…続きを読む

惑星同士の“0度”“180度”が表わす「謎の縁」

俳優の高倉健氏が亡くなって、もう5年の歳月がたった。その5年目の出版を意識したのかどうかは知らないが、高倉健氏の“養女”であった小田貴月氏が書き記した『高倉健、その愛。』が好調な滑り出しを示していると…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.