今日の迷言・余言・禁言

何が「正しい」かは数十年後に解かる⁉

現代人は短絡的な人が多く、すぐに“結果”を求めたがる。けれども、世の中には、すぐには結果の出ないこともある。数年たって、或いは数十年たって、答えの出ることもある。昔「イエスの方舟」と呼ばれる“宗教団体”があった。厳密には“宗教サークル”なのだが、わかりやすいよう“団体”と言っておく。「千石イエス」と呼ばれる人物が創始した“聖書研究サークル”で、なぜか家出した女性たちが多く加わっていった。問題は、彼の住宅で女性達が“共同生活”を始めてしまったことで、教祖である男性一人に、若い女性達が十数人という構成で“怪しまれる”のは当然とも言えた。のちの「オウム事件」でもそうであるが、宗教と家出とが絡むと、どうしても事件に発展しやすい。「イエスの方舟事件」も週刊誌で大々的に取り上げられ、千石イエスと呼ばれる男が若い女性達を引き連れ「逃避行を続けている」と週刊誌は報道した。実際、親御さんたちが「娘を返せ」という場面も映像化された。けれども、娘たちのほとんどは、千石イエスと共に逃避行を続けた。そして、落ち着いた先が九州の福岡だった。そこで女性達は生活を支えるために、夜の街に「シオンの娘」というバーを開いた。1981年のことである。昨年12月、ビルの老齢化で一時的に閉店し、今年の春にリニューアルオープンの予定であったが“コロナ”の影響で、7月7日まで伸ばしてのオープンとなった。千石イエスと呼ばれた人物は2001年に亡くなっているが、その後19年を経た今も、彼に従った女性達は結束を守り、悩みある人たちの“心の支え”になろうとし続けている。もちろん、40年近く経っているのだからホステスたちは齢を取っている。最高齢は87歳の千石まさ子氏で、それでも現役の看板ホステスであるらしい。彼女たちの人生を、どう捉えるかは難しい。ただ売り上げの一部を慈善団体に寄付するなど、千石イエスの“教え”を今も忠実に実践していることだけは間違いない。結局、宗教の正邪を決めるのは、文字通り「神」のみなのかもしれない。


最近の記事はこちら

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

「星」は“芸能界”だけに輝くのではない

よく「成功する」という言葉が使われる。確かに、人として生まれて、成功しないより、成功する方が良いに決まっている。けれども、必ずしも“華やかな成功”が良いとは限らない。また“若いうちに成功”するのが良い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.