今日の迷言・余言・禁言

今年は「中傷&暴露合戦」の年?

どうも最近、“戦いの場”を間違えている戦士たちが多いようで、相撲にしろ、レスリングにしろ、本来の“戦いの場”ではないところでガチンコを演じている方達が多い。近年、週刊誌などが片側だけの取材を基に報道するケースが多くなってきたことで、後からもう片方の“反論”を掲載するなどして“泥沼化”する主張が多くなった。ネットなどの書き込みにしても、どちらの側に属するかによって、観方・捉え方が180度異なり、いったいどっちの言い分が正しいのかだんだん分からなくなってくる事象も多い。国家間の“争い事”でも同様の傾向がみられ、どの国の主張が正しいのか、判然としなくなりつつある。今年は特に、年初からそういう感じの“ぶつかり合い”が多い。おそらく、この後も一年間、そういうような出来事が続いていくに違いない。実際、物事には、明らかに“正・邪”を定められるような問題と、なかなか判別がつきにくい問題とがある。例えば“パワハラ”とか“セクハラ”とかにしても、明確な証拠とか証明が出来るものは別として、微妙な場合が山ほどある。昔なら、何の問題もなかったことが現代だと“名誉”や“地位”や“職場”を失う事態に発展しかねない。果たして、それほどのことなのだろうかと首を傾げる場合もあれば、当然だなと思うケースもある。昔なら“闇に葬られた”ような問題も、現代なら徹底的に抉り出される。もちろん、正義は大切なのだが、どこか昔のような“清濁入り交じっている世の中”の方が、懐かしく感じられるのは私だけなのだろうか。


最近の記事はこちら

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者に…続きを読む

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.