今日の迷言・余言・禁言

今年だけなのか、今年が始まりなのか⁉

連日、猛暑が続いているが、日本の猛暑など、デスバレーの人達から比べれば、表現がおかしいが「赤子の手をひねるような暑さ」に過ぎない。元々その地形的に暑くなりやすいカリフォルニア州のデスバレーだが、今年の夏は特別らしく8月16日には54.4度という信じられない暑さに見舞われた。もし、正式に認められれば「世界一の暑さ」として記録に残る。ただ、私が思うのは、これが本当に「世界一」なのか、それとも、今後この暑さはどんどん塗り替えられていく、その最初の年としての“暑さ”に過ぎないのか、という点である。何しろ、異常気象であることは森林保護防災局に寄せられた24時間だけの「山火事通報」が76か所に及んでいることでも明らかだ。17日の朝になっても39.9度までしか気温が下がらない。落雷数も一晩2500回。各地域で「火炎竜巻」と呼ばれる巨大な“火の渦”が巻き起こっている。どう考えても、地球がまだ「われわれの地球」として「落ち着く以前の地球」に戻ったかのような状態にある。今年は年初からおかしかったし、私は年初からそれを指摘してきた。豪雨による災害も、世界各地で頻発している。火山の噴火もたくさん起こっている。氷河も溶け出し、地震も頻発している。原初の地球が、人間が生きていくには過酷過ぎたように、あらゆる「防ぎようのない自然災害」が次々と襲ってきている2020年という年が、果たして「たまたま異常だったんだよ」と笑える年になるのか、それとも「あの年からすべてが始まったんだ」と恐れおののく年のスタートになるのか、予断を許さない。私は以前から「地球生命体」という表現を使って、地球そのものも“生きている”から、その“生物としての地球”の怒りを買ってはならないと主張していた。それは、どこぞの団体のような「地球環境保護」がどうこうということではなくて、いかにして「地球ヤドカリ生命体=人間」として“調和を保ちながら生きていくか”が重要という意味だが、それこそが私の捉える「風水」の根本なのだ。そういう意味で言えば、ヤドカリである人間は「自国ファースト」などと言っている場合ではない。みんなで手をつないで「地球生命体」のご機嫌を取って、手なずけて、怒りを納めてもらう、野獣の調教師のように“科学者たちが結束する時期”に来ている、と私は思うのだ。


最近の記事はこちら

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.