今日の迷言・余言・禁言

人間は「100度の気温変化」に耐えられるか⁉

この地球上には“100度”も気温が変化する地域がある、と言ったら信じられるだろうか。また正式には認められていないが、どうやら今月20日、そんな場所が誕生したようだ。ロシア・シベリア北部の町ベルホヤンスクだ。もちろんシベリアであるから“極寒の地”として知られている。真冬には最低気温が氷点下67.8度にも達する。とても通常の人間が暮していくような場所ではない。けれども、今年はちょっと変なのだ。ここに来て、今年の課題ともいうべき「防ぎようのない自然災害」に見舞われている。気温が急上昇し始めているのだ。6月17日が30.9度、6月18日が32.8度、6月19日が35.3度、そして6月20日が38.0度…という恐ろしいまでの“熱波”に襲われている。何しろ“極寒の地”だ。寒さには強いが暑さには弱い。北海道に住む私も、暑さには弱い。38度等、考えただけで恐ろしい。いや、氷点下の67.8度の方がもっと恐ろしいが…。そんなところに暮らしていたら、何もかもがおかしくなってしまいそうだ。実際、ロシアのノリリスクという町では火力発電所のオイルタンクに亀裂が入って、2万トンもの軽油が漏れ出しているらしい。また、これまで“永久凍土”と言われていた土台が溶け出し、建物の6割が変形し出しているという。「地球温暖化」という言葉を聞いて久しいが、徐々に温暖化しているというよりも、地球そのものが一つの生命体として“自らを制御できなくなってきている”ような気もする。これまで“人類の住まい”として、快適な環境を差し出してきた地球だが、ここに来て“終わりの始まり”を告げるかのような出来事を次々と生じさせている。もっとも、それがただ単にコンピューターなどによくあるような“一時的な不調”で終わるのか、それとも本当に“地球の寿命”として、自らを破壊しようとしているのか、それは解からない。もしかしたら、かつての“地球の支配者”であった恐竜たちも、こういった地球環境の急激な変化に見舞われて、絶滅していったのかもしれない。こういう時、私はなぜか青春の時に聴いた「傘がない」という曲を想い出す。さまざまな暗い世相を反映したニュースが流れていても、自分には関係がない。自分にとって重要なのは「今日の雨」「傘がない」という現実だ…という歌詞の歌だ。子供に還って、自分にとって大切なものだけにしがみつきたくなるのだ。


最近の記事はこちら

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.