今日の迷言・余言・禁言

人は「過去」を引き摺りながら生きていく

人はだれでも間違いを犯す。近年、日本ではその“間違い”を簡単には許してくれない風潮が強い。昔は「仏の顔も三度」という感じで、許すケースが多かったように思うが、最近は一度であっても“許されない”ケースが多い。もちろん、悪いことをして“罪”を犯したなら、それは償わなければならない。問題は、その後だ。たまたま男子柔道で2大会連続で金メダルを勝ち取り、指導者としても順調だった人生が「セクハラ発覚」で人生の“どん底”を見たのが内柴正人氏である。最近の彼を取材した記事を読んだ。現在は熊本県八代市の温泉銭湯「つる乃湯八代店」においてマネージャーとして“雑用全般”を取り仕切っているらしい。元金メダリストは柔道とは無縁の職場で頑張っていた。けれども、落ちぶれた印象はない。それは、彼が現在の仕事に、それなりの“生きがい”を見出しているからだ。ここが重要なのだ。実は、昨年の12月まで彼はキルギスに居た。しかも、キルギスの柔道連盟総監督という重責を担っていた。ところが最初2年間の契約は更新されず、帰国の形となった。この辺の事情については語られていないが、おそらく、何かがあったからだろう。同じような形で、華やかな世界から“消えた人物”がいる。押尾学氏だ。彼もまたMDMAという薬物の使用で、ホテル内で一緒に居たホステスが亡くなって、その責任を問われた。結果的に人を殺めたのだから、芸能界復帰は絶望的となった。彼の記事も出ていて、今は一般人として普通の仕事に就いているらしい。私はいつも思うのだが、芸能界とかスポーツ界とか“華やかな世界”だけが人生ではない。特に、何らかの形で「罪」を犯した人は、やはり“その十字架”は背負って生きていかなければならない。それから背を向けることは許されることではない。けれども、その一方、新たなる世界も無数に存在することは知っておいた方が良い。人はともすれば“その世界”以外には、自分が生きる世界は存在していないのではないか、と思いがちである。けれども、気持ちさえ切り替え、新たなる仕事に心血を注ぐなら、必ず“新たなる世界”で能力を発揮するようになる。出直しの時間は必要だ。“新たなる世界”に心血を注げない場合は、転落の一途をたどる。


最近の記事はこちら

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

「星」は“芸能界”だけに輝くのではない

よく「成功する」という言葉が使われる。確かに、人として生まれて、成功しないより、成功する方が良いに決まっている。けれども、必ずしも“華やかな成功”が良いとは限らない。また“若いうちに成功”するのが良い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.