今日の迷言・余言・禁言

事情を聴いたら、みんな「悪い奴」だった

海外には時々、面白い事件というのがある。この事件も、面白いといえば面白い。怖いといえば怖い。愚かと言えば愚か。そして事件に関わる被害者も加害者も、みんなが「悪い奴だった」という哀しいお話だ。まず、被害届を警察署に出した女性には“愛人”がいた。彼女は数年にわたって、その愛人男性に対して金を貢いでいた。ここまでは、どの国でもよくある話である。そして、自分で好きになった“愛人”に対して、自分の金を貢ぐのだから、他人がどうこう言う問題でもない。ところが、彼女はだんだん自分が「騙されているだけなのではないか」と感じるようになった。これも良くある話で、別段、不思議でも何でもない。最初は、相手の言う言葉をまともに受けて“金を渡す”のだが、ふと気づくと、逢うごとせびられている。“だまし取られた”と確信した彼女は、復讐を思い立つ。ここまでも、まあよくあることで、特別ではない。問題はその次で「殺してやろう」と思ったのだ。そして、彼女は自分の娘にそれを相談した。娘は一緒になって「そんな奴、殺してやろう」ということになった。さて誰に頼もうか。娘は何んと夫に相談したのだ。すると夫は「自分に任せてくれ」と自信ありげであった。「打ち明けていなかったが、俺は或る情報機関のトップなんだ」そんな話はしていなかったのに…娘は何故か100%夫の言葉を信じた。自分なら、簡単に奴を殺せるし、その後で奴の臓器を取り出し、それを密売して“貢いだ分”を取り戻してやるさ、頼もしげにタバコをくゆらせた。けれども、夫は当然のようにその報酬を要求した。そこで娘は夫に言われたまま日本円86万円の要求を母親に伝えた。母親は、これまで愛人男性に騙され、総計で日本円760万円も貢いでいた。これで復讐が出来る、と思うと高い金額ではないように思えた。“憎い相手”は居なくなり、ちゃんと貢いできたお金まで戻って来る。こうして“殺害を依頼した”のだが、その後、娘婿は母娘から遠ざかるようになった。家を出たまま戻ってこないのだ。思案したあげく、母娘は「警察に届けよう」という結論に至った。二人は警察署を訪れ、自分は娘婿を信じて86万円を渡したが、殺害は実行されず娘婿も消えてしまった、と訴えたのだ。「殺害」という言葉を発した時、刑事の眼の色が変わったことを、母娘は気付いていなかった。結局、娘婿は逮捕されたが、同時に母娘も逮捕された。もちろん、母親の元愛人男性は殺されることなく、次の“獲物”と仲睦まじく居たところが見つかっただけだった。


最近の記事はこちら

「まっとう」ではあるが「正しく」はない

TBS系のTV情報番組が元で、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏と実業家の堀江貴文氏との間で“奇妙なバトル”が勃発している。簡単にいうと、薬物などの使用者に対して杉村氏が「逮捕される前に自首すべき」と…続きを読む

「24節気」の持っている“予言力”

よくニュースなどで「暦の上では…」という表現を使う。その場合の「暦」とは“24節気”に基づく「節気暦」を指している場合が多い。その節気暦からすると昨日が「大雪」に当たる。東北や北海道の一部では、まるで…続きを読む

「我が生き方」貫く耳の「くの字型」内郭

「人は見掛けによらぬもの」という教えがあるが、実際、そう思うこともあれば、思わないこともある。合成麻薬所持で逮捕となった沢尻エリカ容疑者の場合はどうだろう。「見掛けどおり」と思う人もいるだろうし「見掛…続きを読む

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.