今日の迷言・余言・禁言

事情を聴いたら、みんな「悪い奴」だった

海外には時々、面白い事件というのがある。この事件も、面白いといえば面白い。怖いといえば怖い。愚かと言えば愚か。そして事件に関わる被害者も加害者も、みんなが「悪い奴だった」という哀しいお話だ。まず、被害届を警察署に出した女性には“愛人”がいた。彼女は数年にわたって、その愛人男性に対して金を貢いでいた。ここまでは、どの国でもよくある話である。そして、自分で好きになった“愛人”に対して、自分の金を貢ぐのだから、他人がどうこう言う問題でもない。ところが、彼女はだんだん自分が「騙されているだけなのではないか」と感じるようになった。これも良くある話で、別段、不思議でも何でもない。最初は、相手の言う言葉をまともに受けて“金を渡す”のだが、ふと気づくと、逢うごとせびられている。“だまし取られた”と確信した彼女は、復讐を思い立つ。ここまでも、まあよくあることで、特別ではない。問題はその次で「殺してやろう」と思ったのだ。そして、彼女は自分の娘にそれを相談した。娘は一緒になって「そんな奴、殺してやろう」ということになった。さて誰に頼もうか。娘は何んと夫に相談したのだ。すると夫は「自分に任せてくれ」と自信ありげであった。「打ち明けていなかったが、俺は或る情報機関のトップなんだ」そんな話はしていなかったのに…娘は何故か100%夫の言葉を信じた。自分なら、簡単に奴を殺せるし、その後で奴の臓器を取り出し、それを密売して“貢いだ分”を取り戻してやるさ、頼もしげにタバコをくゆらせた。けれども、夫は当然のようにその報酬を要求した。そこで娘は夫に言われたまま日本円86万円の要求を母親に伝えた。母親は、これまで愛人男性に騙され、総計で日本円760万円も貢いでいた。これで復讐が出来る、と思うと高い金額ではないように思えた。“憎い相手”は居なくなり、ちゃんと貢いできたお金まで戻って来る。こうして“殺害を依頼した”のだが、その後、娘婿は母娘から遠ざかるようになった。家を出たまま戻ってこないのだ。思案したあげく、母娘は「警察に届けよう」という結論に至った。二人は警察署を訪れ、自分は娘婿を信じて86万円を渡したが、殺害は実行されず娘婿も消えてしまった、と訴えたのだ。「殺害」という言葉を発した時、刑事の眼の色が変わったことを、母娘は気付いていなかった。結局、娘婿は逮捕されたが、同時に母娘も逮捕された。もちろん、母親の元愛人男性は殺されることなく、次の“獲物”と仲睦まじく居たところが見つかっただけだった。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.