今日の迷言・余言・禁言

中途半端な「二番底」が危ない

ニューヨーク「ダウ」の株価が急落している。一時900ドル以上も下落した。俗にいう「二番底」の到来である。ただ、今回の「二番底」はタチが悪い。じわじわと下落し、その後で一気に下落した。こういう落ち方が、一番「日本株」には響く。つまり元々そんなに日本株は上がっていないので、ずるずる落ちられると、個々の株価はとことん落ちる。せっかく日本は欧米よりもコロナ感染者が少なくて「少しは有利か…」と多くの人達が考え始めていた矢先、今頃になって「二番底」がやって来られたら、それに引き摺られやすい日本の株価は“連れ安”で落ちる。「日経平均」という“指数”はそれほど落ちないのに、個々の株価は異様なほど落ちる。どの業種の株価でも落ちる。これが奇妙なところだ。そうして、その結果が“実体経済”へと反映していく。つまり、ようやく少しは戻りかけたかに見えた日本の景気は、再び崩れていく。何が“呼び水”になるかはわからないが、確実に崩れていく。とにかく、最近は「明るい未来」が中々描けない。それでなくても、近年の日本は“経済的な発展”という点で、アジア諸国にも後れを取っている。今年は、コロナの影響でアジア諸国も軒並み“低迷”している。社会情勢も不安定だ。こういう時こそ、社会情勢は安定している日本が、一気に“経済面”でリードするチャンスだったと言える。「二番底」については、実は私自身がだいぶ前に予告していた。けれども、その時には何故か“回避”されたのだ。正直、私は「おかしい」と思った。私の予感では「二番底が来るはずなのにな…」という気持ちがあった。けれども、もちろん日本の経済の悪化など、当たらない方が良いに決まっている。だから内心ホッとしたものだ。ところが今になって、遅れて「二番底」がやってきた。しかも、今回の「二番底」は厳密に言えば「二番底」にはならない。中途半端な位置で“元に戻る”はずだからだ。これが厄介なのだ。ニューヨーク「ダウ」や「ナスダック」の場合には、これまで少し急ピッチで上がり過ぎていたから、適度に下がるのはむしろ自然なのだ。けれども、日本株の場合には欧米やアジア各国と比べても、その上昇に関しては同じように追随していない。ところが、落ちる方だけは追随してしまうのだ。これでは他国に比べ上昇率が乏しいのは当然である。「日経平均」で、そんなに落ちたように視えなくても「個々の日本株」は大きく落ちている。そして“実体経済”が、その後に続くのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.