今日の迷言・余言・禁言

世界を「ゆる~い宗教」に変えていこう⁉

スリランカでキリスト教の“復活祭の日”に起きた連続爆発テロ事件は257人の犠牲者と500人以上の負傷者とを出した。地元イスラム過激派組織による犯行だった。その結果、どうしてもスリランカ政府としては自国に居るイスラム教徒たちに対し厳しい取り締まりを発動せざるを得ない。既に公衆の場でのイスラム女性の宗教的服装は禁じられた。身体のラインを隠す服装や、顔を全面的に隠す衣裳を禁じたのだ。自爆テロを見抜けなくなるからだ。それだけでなく5日には国内に居る外国人600人を国外追放とした。その多くはイスラム教の聖職者たちだった。直接的には事件に関係ないとしても、国民の多くが不安を抱える状況で野放しには出来ない。日本人にとっては、キリスト教とイスラム教とが、どうしてそんなにまで対立しなければならないか理解が難しいが、大昔から“民族宗教”というのは、その民族を“勝利に導く神”として存在している。したがって、勝利に導くためには“手段を択ばない”風な考え方が根底にある。しかもその“勝利”というのは、必ずしも“自分の時代”でなくても“子孫の時代”であっても良い、という考え方をする。だから、自爆テロが無くならないのだ。しかも、イスラム聖職者たちが何より重視する「イスラム法」というのは“男尊女卑”の典型であるし、その刑罰の仕方も“ムチ打ち”とか“石投げ”とか前時代的である。同じ日、ブルネイ王国のボルギア国王は、4月に施行した“不倫と同性愛行為”に対しての刑として定めてある“投石による死刑”の適用を猶予すると発表した。この“処刑”に対しては、世界的に多数の人権団体などから批判が高まっていたもので、それを考慮したかに思われる。ブルネイ王国というのは、あまり日本人にはなじみが少ないが、経済的には大変に豊かで恵まれた生活をしている。その変わりというわけでもないだろうが、宗教的にはアジア圏としてはかなり厳しい。厳格なイスラム教に従っている人たちが多い。私は以前、日本にホームスティしているブルネイ王国の中学生の少女を鑑定したことがあるが、日本に来て1年以上経つのに、室内でもスカーフを外さななかった。その時、タイから来ている少女も鑑定したのだが、その少女の方は好奇心いっぱいで楽しそうだった。ブルネイの少女は一言も聞き逃すまいというような真剣な表情を最後まで崩さなかった。“ゆる~い宗教”の国、日本を彼女はどのように感じながら過ごしたのか。そして、本国に帰って後「神」に、どう報告したのだろう。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.