今日の迷言・余言・禁言

世の中「困っちゃう人」というのは居るもので…

こういう話は“初耳”ではない。だが、何んとも「困ったもの」としか言いようがない。「刑務所に入りたかった」というのだ。う~ん、確かに“住まい(⁉)”と“食事”は与えられるのだが…。せっかく数日前、刑務所を出て来たばかりだというのに…。きっと、彼にとっては“通常の世の中”は暮らしにくいところなのに違いない。けれども、まだ55歳。その気になれば、もうひと踏ん張りできるのに、“刑務所に入りたい”なんて何んともやるせない希望なのだ。しかも、彼は数年前にも、同じことをやって、捕まっているのだ。「4プラに爆弾を仕掛けた」と110番通報をしたのだ。せめて、向かいのビルにするとか、ススキノのビルに変えるとか、とにかく“工夫”というものがない。“4プラ”というのは「4丁目プラザビル」のことで、札幌市民なら誰でも知っている。この通報をした後で、彼が行ったのは、これも札幌市民なら誰でも知っている「大通公園」を出刃包丁を持ってうろつくことだった。そして、彼は“望み通り”庶民からの通報で駆けつけた警察官に6月8日午前11時頃“現行犯逮捕”された。その後の供述で、訊かれもしないのに110番通報を行ったのも自分であると、罪を増やして再逮捕された。もちろん、ビルの方にも警察官が駆け付け、店内をくまなく捜索したが“それらしきもの”は無かった。だから、本人が供述しなければ、単なる“イタズラ電話”にされてしまうところだった。せめて、それらしきものを置いてくるとか、とにかく努力というものがない。何かの本に、こういうタイプの人は、刑務所内の規律に対してはことごとく“従うタイプ”なので、どうしても刑期が多少軽減され、予定より“早め”に出てくる。刑期中に行わなければならない“社会復帰のための軽作業(仕事)”にはとても熱心な場合が多いという。つまり、働くことが“根っから嫌い”というタイプではない。ところが、どういうものか、実際に社会に復帰すると、すぐ犯罪を犯して、舞い戻ってくる。刑務所が「我が家」になってしまっているのだ。再犯だから、多少、刑期は重くなる。だが、多分だが「模範囚」になるはずなので、そんなに長くは居られない。そうすると、また…。


最近の記事はこちら

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.