今日の迷言・余言・禁言

一瞬、言葉を失う「タトゥ」で授業

フランスという国は「芸術」への“保護意識”が強い。そのことが多分、このような事態を公認しているのだと思う。ただ「タトゥ」を、誰もが“芸術”として受け入れられるかどうかは微妙なところだ。もちろん日本だったら100%公的には受け入れられない。だから温泉の大浴場でも「タトゥ入場拒否」を明示しているホテルが多い。ましてや公務員として、それも小学校教師として、“全身タトゥ”が通用するとはとても思えない。なにしろフランスのシルバン・エレーヌ氏(35歳)は、実は「フランスでもっともタトゥの多い男」としてマスコミに知られている存在なのだ。とにかく全身に“隙間”がない。あらゆる部分をタトゥで埋め尽くしている。腕とか背中に一つだけタトゥがある、というのとはわけが違うのだ。実はフランスでは禁止されている“眼球へのタトゥ”も、スイスまで出掛けて施してきた。だから、文字通り“全身”なのだ。彼いわく、生徒も父兄も必ず最初はぎょっとするそうだ。当然な反応だろう。それでも、慣れてしまえばみんな解かってくれると言う。しかも、彼は「これも教育の一環だ」と言い切る。日本でもし、こんなことを言ったら“袋叩き”にされかねない。ところが、さすがというべきか、フランスの子どもたちも父兄も中々に寛容なのだ。子供たちの中には「エレーヌを観た目で判断してはいけない」と言ってくれる者までいる。なんて優しいんだ。「眼だけは怖いけど、彼は優しいよ」と言ってくれる生徒もいる。素晴らしい教育(⁉)ではないか。彼は自分を観て育つことで、生徒たちは“外見的な偏見”を無くし、人種差別や障害者差別をしなくなる、と言っている。それにしても、学校側や教育委員会側が、よくスルーしてくれているものだ。そういう点はほんとうに寛容な国だと思う。ただ“新型コロナ”で国全体が神経質になった時、中国人だけでなく、日本人も含めて、アジア人全体に対して“あからさまな差別や拒否”を行ったのも“この国”である。だから、どこまで“ほんとうに寛容”なのかは微妙なのだ。もしかすると「タトゥ=芸術」という意識で寛容なだけかもしれないのだ。私が大昔、フランスで道を尋ねた時にも、まったく相手にしてくれなかったのがフランスなのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.