今日の迷言・余言・禁言

ミサイルより怖い「ハリケーン」&「集中豪雨」

「ミサイル」が怖くないとは言わない。けれども、もっと怖いのは確実に襲って来る“ハリケーン”やや“集中豪雨(台風?)”、それに“大地震”だ。まさに今、それらがアメリカ&日本&メキシコを襲っている。こういう「大自然の脅威」は、相手が“物言わぬ生命体”で話が通じないだけに、逃げる以外の手立てがない。だからフロリダ州では630万人に“避難命令”が出た。科学の最先端を行くアメリカだが、どうもこの種の“猛威”には弱いらしく、未だに“逃げる”以外の対抗手段を持たない。その点では日本も同様である。私は以前から、屋根の“雪下ろし”で落下し、死亡する人が後を絶たないのに、それを防止できるIT技術が開発されていないことを嘆いていた。そんな単純なことでさえも、IT技術は解決できないでいる。ハリケーンとか台風とか地震とか、自然災害に対する対策も、未だ科学技術は“防止技術”を開発できずにいる。4Kとか8KのTVなど、誰が望んでいるのだろう。確かに“クリアな画像”かもしれないが、“立体的”なのかもしれないが、それで幸せになる人はどれだけいるのだろう。そんなことよりも、屋根の雪下ろしで“滑り落ちない技術”、それより前に“屋根の雪が解ける技術”など実用的な方面に次々と新たな“製品”を投入してほしい。630万人に“避難命令”で逃げることを教えるよりも、ハリケーンそのものを消滅させるとか、コースを変えさせるとか、台風や集中豪雨でも同様だが、もう少し、“自然界の脅威”に立ち向かう技術を開発しようと努力してほしいのだ。そうでなければ、どんなに“宇宙まで行ける”時代になっても、“屋根から滑り落ちて死ぬ”人は無くならない。そんな身近なことも“解決できない科学”を推し進めていて「身近な宇宙開発です」とか言って、無駄に金を使い、飛び損ねてばかりで恥ずかしくないのだろうか。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.