今日の迷言・余言・禁言

マスクが「10枚入り10円」で“売られる日”⁉

ブームというのは“あっという間”に来て、“あっという間”に去っていく。そして、そのブームの“初期”に追従した人は“大儲け”出来るが、ブームの“終盤”に追従した人は“大損”をする。世の中というのは、そういう風に出来ている。「マスク」もそうなのだ。一時期、どこに行ってもマスクは見当たらなかった。それだけ、一気に多くの人々が欲しがって、需要に供給が追い付いていかなかったからだ。そして品薄になると、その品物は高騰していく。当然マスクも高騰した。けれども、そうなると、商魂の逞しい人たちは、それを商売に出来ないか、と考える。安く輸入して、高く売れば良いのだ。実際、そういう形で“その初期”に飛びついた人々は大儲けをする。さて、全国各地で「マスクが無い」というのがニュースになりだす。この時期に至って、ニュースになるくらいだから「自分のところでもマスクを売ったら大儲け出来るのでは…」と考える人が出てくる。遅いのだ。ブームというのは、何事も“その初期に”飛びつかなければならない。みんながやりだしてから腰を上げるような人は、“ブーム商売”に向いていないのだ。私は昔、誰もかれもが「たまごっち」を持っていた時、それを商売にし始めて大失敗した人物を知っている。既に、みんなが持っている頃、商売に取り掛かってはいけないのだ。マスクだって同じことである。現在、さまざまな業種の人達が「マスク商売」を始めている。特に関西はし烈だ。飲食店、食料品店、居酒屋、手芸品店、タピオカ店、化粧品店、さらには自販機…そういう形で、実にさまざまなところで、マスクが販売されるようになった。そうなると、今度は“高い”と売れなくなる。当たり前のことである。ところが、あとから“追っかけた”人達は、高いものを購入している。本来なら、そんなにするはずのない原価で購入しているのだ。当然、それ以上の価格で売らないと、儲けが出てこない。ところが、どこでも売っている状態になってしまうと、もう高い価格でなど、誰も振り向いてくれない。こうして、大量の“海外製マスク”が売れ残り、山積みされるようになる。おそらく、今月下旬頃にはそうなっていくのではないだろうか。「10枚入り10円」で売っていても、そ知らぬふりで通り過ぎていく人が出てくる日が、もう少しでやって来る⁉


最近の記事はこちら

社会問題化した「アシュラ」という漫画

年配の方なら憶えているかもしれない。それがジョージ秋山氏の描いた「アシュラ」「銭ゲバ」「現訳聖書」といった一連の“強烈な漫画世界”である。今日ではジョージ秋山氏と言えば「浮浪雲」という漫画の方で知られ…続きを読む

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.