今日の迷言・余言・禁言

プロは「肉体」より「精神」の強さが必要

スペインの大会で「日本」の大坂なおみ選手は、ことのほか弱かった。ランキングで78位のサラ・ソリベストルモ選手に「0-6,3-6」のストレート負けした。彼女は途中で泣き出し、監督に励まされてかろうじて試合を続行した。確かに、1ゲームも取れず第1セットを落としたのは、泣きたいほどの衝撃だったに違いない。けれども、今の彼女はプロ選手である。もはや始めて脚光を浴びた「大坂なおみ」ではない。スポンサーを抱える広告塔でもある。私が、初めて彼女の名を取り上げた時、世間はほとんど誰一人知らないような無名の選手だったが、私は予感的に「この選手はスターになる」と思った。実際、それからあっという間に彼女はスターとなった。けれども、私は彼女がたどたどしい日本語を使い出した時から「これは危うい」と思い始めていた。私の予感とは裏腹に、そこから彼女は「日本人」として熱狂的な支持を受けることになる。彼女の中に“日本の血”が流れていることは間違いがないが、彼女はアメリカで育っている。本来は、肉体も精神も“アメリカ型”だった。日本の情緒性に磨きをかけると、アメリカで培われた“反骨精神”が失われてしまう。日本のファンは、どんな状態でも許してくれる。スポンサー企業も優しい。彼女のように、元々が情緒性豊かな人は、それを制御できる精神があれば、プロ選手として大スターになれる。けれども制御できないと、ガタガタと崩れていく。いくら調整不足とは言っても、78位の選手を相手に“1セットも取れない”というのは危険信号である。しかも、これまでにも時折見られたが、試合中にもかかわらず、涙を流したり、戦闘意欲を無くしてしまう。プロスポーツ選手にとって、あってはならない態度なのだ。情緒性が豊かなことは決して悪い事ではない。プロスポーツ選手で“人気者”となる人には、そういう人が多いのだ。けれども、それがあまりにも競技に反映してしまうと、勝利の女神が遠ざかっていく。観客が見守っているのは「戦場」だからだ。


最近の記事はこちら

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。…続きを読む

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.