今日の迷言・余言・禁言

プロは「肉体」より「精神」の強さが必要

スペインの大会で「日本」の大坂なおみ選手は、ことのほか弱かった。ランキングで78位のサラ・ソリベストルモ選手に「0-6,3-6」のストレート負けした。彼女は途中で泣き出し、監督に励まされてかろうじて試合を続行した。確かに、1ゲームも取れず第1セットを落としたのは、泣きたいほどの衝撃だったに違いない。けれども、今の彼女はプロ選手である。もはや始めて脚光を浴びた「大坂なおみ」ではない。スポンサーを抱える広告塔でもある。私が、初めて彼女の名を取り上げた時、世間はほとんど誰一人知らないような無名の選手だったが、私は予感的に「この選手はスターになる」と思った。実際、それからあっという間に彼女はスターとなった。けれども、私は彼女がたどたどしい日本語を使い出した時から「これは危うい」と思い始めていた。私の予感とは裏腹に、そこから彼女は「日本人」として熱狂的な支持を受けることになる。彼女の中に“日本の血”が流れていることは間違いがないが、彼女はアメリカで育っている。本来は、肉体も精神も“アメリカ型”だった。日本の情緒性に磨きをかけると、アメリカで培われた“反骨精神”が失われてしまう。日本のファンは、どんな状態でも許してくれる。スポンサー企業も優しい。彼女のように、元々が情緒性豊かな人は、それを制御できる精神があれば、プロ選手として大スターになれる。けれども制御できないと、ガタガタと崩れていく。いくら調整不足とは言っても、78位の選手を相手に“1セットも取れない”というのは危険信号である。しかも、これまでにも時折見られたが、試合中にもかかわらず、涙を流したり、戦闘意欲を無くしてしまう。プロスポーツ選手にとって、あってはならない態度なのだ。情緒性が豊かなことは決して悪い事ではない。プロスポーツ選手で“人気者”となる人には、そういう人が多いのだ。けれども、それがあまりにも競技に反映してしまうと、勝利の女神が遠ざかっていく。観客が見守っているのは「戦場」だからだ。


最近の記事はこちら

ダンスケが定める「富裕層」のライン

あなたは「ダンスケ」を知っているだろうか? 多分、知らないだろう。その最大手のダンスケが今年6月から導入せざるを得なくなったのが「富裕層」を対象とした“金利の切り替え”である。心ならずも、他の銀行に見…続きを読む

さまざまな「生き方」「考え方」があって良い

日本は比較的“自由な国”である。何を言ったからと言って、すぐ逮捕されるとか、処刑されるとかいうことはない。だから、さまざまな「生き方」「考え方」が基本的に許されている。ところが、時々、それを“許すまい…続きを読む

双子の兄弟は別々に「その児」を狙った

「血は争えない」という言葉があるが、こと“双子”に関しては、昔からさまざまな“一致点”が報告されている。今回の報告は、正直、残酷な報告としか言いようがない。向井亮太・勇生(25歳)の兄弟は双子で、どち…続きを読む

脳腫瘍「手術中」も交響曲を弾き続けた奏者

自分の仕事に対して「プライド」を持っている人は多い。この場合には、執刀医とそれを受ける患者とが、共に自分の仕事にプライドを持っていた。だから、執刀医が「左手の神経は絶対傷つけませんから安心してください…続きを読む

「慎重」は良い「慎重すぎる」は良くない

人にはそれぞれ性質があって、その性質に沿った生活をしていればそれほどストレスは溜まらないが、性質にそぐわない生活を強いられるとストレスを生じる。例えば「組織」内の生活がそぐわない人。そういう人は、どう…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.