今日の迷言・余言・禁言

プロは「肉体」より「精神」の強さが必要

スペインの大会で「日本」の大坂なおみ選手は、ことのほか弱かった。ランキングで78位のサラ・ソリベストルモ選手に「0-6,3-6」のストレート負けした。彼女は途中で泣き出し、監督に励まされてかろうじて試合を続行した。確かに、1ゲームも取れず第1セットを落としたのは、泣きたいほどの衝撃だったに違いない。けれども、今の彼女はプロ選手である。もはや始めて脚光を浴びた「大坂なおみ」ではない。スポンサーを抱える広告塔でもある。私が、初めて彼女の名を取り上げた時、世間はほとんど誰一人知らないような無名の選手だったが、私は予感的に「この選手はスターになる」と思った。実際、それからあっという間に彼女はスターとなった。けれども、私は彼女がたどたどしい日本語を使い出した時から「これは危うい」と思い始めていた。私の予感とは裏腹に、そこから彼女は「日本人」として熱狂的な支持を受けることになる。彼女の中に“日本の血”が流れていることは間違いがないが、彼女はアメリカで育っている。本来は、肉体も精神も“アメリカ型”だった。日本の情緒性に磨きをかけると、アメリカで培われた“反骨精神”が失われてしまう。日本のファンは、どんな状態でも許してくれる。スポンサー企業も優しい。彼女のように、元々が情緒性豊かな人は、それを制御できる精神があれば、プロ選手として大スターになれる。けれども制御できないと、ガタガタと崩れていく。いくら調整不足とは言っても、78位の選手を相手に“1セットも取れない”というのは危険信号である。しかも、これまでにも時折見られたが、試合中にもかかわらず、涙を流したり、戦闘意欲を無くしてしまう。プロスポーツ選手にとって、あってはならない態度なのだ。情緒性が豊かなことは決して悪い事ではない。プロスポーツ選手で“人気者”となる人には、そういう人が多いのだ。けれども、それがあまりにも競技に反映してしまうと、勝利の女神が遠ざかっていく。観客が見守っているのは「戦場」だからだ。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.