今日の迷言・余言・禁言

データが役立たない「気候帯」となった⁉

最近の「天気予報」とか「気象情報」が、あまり信用できなくて“役立たなく”なりつつある。私は以前にも指摘したことだが、もはや地球世界における「気候帯区分」自体が役立たなくなりつつある。多分、実際にはここ4~5年前から特に大きく変化しているように思うが、公式にはどこも「気候帯が変わった」とは認めていない。したがって、本来なら「スコール」と呼んで良い雨でも「豪雨」とか「局地的豪雨」とか「記録的豪雨」とかの表現しかない。日本列島の多くが、東南アジアのような気候帯に変わったとは信じたくないのだ。私が20年ほど前にフィリピンへ行った時、初めて“本格的なスコール”を体験した。文字通り“強烈な雨の放射”に襲われたのだ。そういえば、その後になって、シンガポールでも、ベトナムでも、スコールを体験したが、フィリピンのスコールほど強烈ではなかった。ところが現地に暮らす人たちは「いつものことだ」と言って気にも留めていない。現地ガイドの人の家に“雨宿り”をすることになった。この勢いで降り続けたら、たちまち大洪水になってしまうのではないかと心配したが「そんなに長時間降らないから大丈夫よ」フィリピン女性は楽しそうに笑った。気候の急変とか、スコールに慣れっこなのだ、と妙なところに感心をした。実際、2時間ほどで雨はやみ青空となった。埃っぽい街には、むしろ必要な雨なのかもしれないとさえ思った。最近の日本の天気予報は、あまり言いたくないが外れることが多い。おそらく、過去のデータが役立たなくなってきているのだ。何十年も前の日本でなら、考えられないような“気象変化”が日常的に起こっている。それなのに、気象予報士の方々が用いるのは、昔からの“日本列島のデータ”なのだ。だから的中しなくなっているのではないか。もはや「気候帯」そのものが変化していることを前提に置かなければ、どんなに過去のデータを組み入れても的中しないような気がするのだ。あちこちで局地的に発生する「スコール」はなかなか“地域全体の予報”に組み入れにくい。そうだとすれば、むしろ「〇〇市や〇〇村の付近では日中2時間ほど激しいスコールに襲われる可能性もあるのでご注意ください」という風な形の予報の方が、役立つようになっていくのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.