今日の迷言・余言・禁言

ダンスケが定める「富裕層」のライン

あなたは「ダンスケ」を知っているだろうか? 多分、知らないだろう。その最大手のダンスケが今年6月から導入せざるを得なくなったのが「富裕層」を対象とした“金利の切り替え”である。心ならずも、他の銀行に見習って「マイナス金利を適用する」と宣言したのだ。もちろん「ダンスケ」とは人の名前ではなく、銀行名だ。デンマーク最大手の銀行名だ。適応されるのは「0.75%」のマイナス金利。この国も、日本と同じく“マイナス金利”を導入しているのだ。しかも、日本よりもはるかに早く2012年から採用している。そのマイナス金利も日本のように「0.1%」などとケチなことを言わずに「0.75%」と大胆である。これまでダンスケでは、個人の預金に関してはこれを適用してこなかった。ところが、それを継続していてはやっていけないところまで追い込まれてしまった。そこで仕方がなく個人口座にもマイナス金利を適用することにした。ただ個人口座にもマイナス金利を適用するということは、銀行に預けていると、お金が減っていくということである。そこでダンスケは「富裕層」にのみそれを適用することにした。お金持ちの場合には、多少預けていたお金が減っても我慢してくれるでしょう…という発想だ。その境界線となるのは「150万クローネ」以上の預金の預け主らしい。この150万クローネというのが日本円ではいくらに当たるのかというと大体1800万円である。つまり、1800万円以上の預金がある人なら、毎月0.75%ずつ引き落とされても大丈夫でしょう…ということらしい。富裕層にだけ税金が上積みされていくようなものだ。同じことが“ユーロ圏”になると「10万ユーロ」以上に変わる。この場合は日本円で1130万円くらいだ。この額からマイナス金利を引き落とされて行くのは心もとないような気もするが、ユーロ圏の銀行は容赦しない。それらの国に比べると、我が日本の「0.1%」というマイナス金利は、いかにもみみっちい。しかも日本の場合にはどんなに富裕層で預金に溢れていても、個人の口座には一切それを適用していない。そう考えると日本の銀行は何んと優しいのだろう。しかも客に対して大変親切で丁寧である。収益が乏しくても笑顔で接客してくれる。大量リストラになっても、接客態度は変わらない。「働き方改革」の“鏡”のような人たちではないか。ロボットに負けまいと接客している“涙ぐましい姿”なのだ。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.