今日の迷言・余言・禁言

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外部から侵入した者の形跡が乏しいということで、その両親に“容疑が掛った”時期もあった。さまざまな憶測と中傷が飛び交った事件でもあった。昨日、この事件に対して新たな証言が飛び出した。殺害された当時、比較的近くに居住していた人物が、自分が犯人であると告白したというのだ。既に2016年、児童ポルノ所持で逮捕収監されているゲイリー・オリバ容疑者が、昔の同級生で友人のマイケル氏に手紙の中で「ジョンベネを誤って殺してしまった」と記しているのだ。ゲイリー容疑者が所持していた携帯電話の中には数百点の児童ポルノ画像が含まれている。その中にはジョンベネちゃんの画像も含まれている。けれども警察は慎重である。まずゲイリー容疑者の告白文が微妙なのだ。「ジョンベネの美しい顔、輝くような肌、女神のような身体を見て、私は子供達を殺害してきたことが間違いだったと悟った。けれども、アクシデントが起こってジョンベネは死んだ」或る種、妄想癖のある人物が勝手に殺したことにしている風にも読み取れないこともない。これらの文面だけで真犯人とは決めつけられない。22年前の殺人時に添えられた脅迫状の筆跡とも明らかに違っている。富豪の自宅内で“不審な死を遂げた”という点では、昨年起こった和歌山の“紀州のドンファン”こと野崎幸助氏が覚せい剤中毒死した事件も未だ明らかになっていない。死亡時に外部から何者かが侵入した形跡は乏しく、自宅には二人の人物がいた。お手伝いさんと新妻である。この二人も、事件当時、ずいぶん疑われた。けれども、侵入者のいない自宅内で、殺人が起こったとすれば、真っ先に疑われるのはこの二人である。片方は懇願に負けて“新妻”となった55歳年下の美女であり、片方は30年来の付き合いがある“お世話係”ともいうべきお手伝いさんである。お手伝いさんの方は一時期、仕事を手伝ったこともあり、謂わば“身内的な間柄”である。新妻の方も、元々裕福な家の娘であり、別にお金に困っていたわけではない。もし、二人が共謀したとするなら、もっと自分たちに嫌疑が掛からない方法を考えるだろう。これらの事件は、共に“大富豪”で、“美女”が絡み、さまざまな“憶測”が浮上し、“侵入された形跡”が乏しいことで捜査を難しくさせている。ただ一つ、疑われた人たちは“その十字架”を背負って生き続けなければならない。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.