今日の迷言・余言・禁言

“ケンカ”の後で“首絞め”を…

日本の平均寿命は現在、女性がほぼ87歳、男性がほぼ81歳である。ところが、このような年齢のカップルは意外と少ない。したがって大抵は女性の方が生き残る。京都で昨日、互いに“首を絞め合った”カップルは、男性が87歳で、女性が81歳と、丁度“真逆”であった。もしかしたら、男性が81歳で、女性が87歳であれば、一緒に“死ねた”のかもしれない。どうやら二人はガスコンロの“電池交換”でケンカになったらしい。互いに主張譲らず、激しく口論し、疲れ果てた二人は「一緒に死のう」という結論に至った。ガスコンロの電池が切れなければ、ケンカにならなかったし、首を絞め合うことにもならなかった。もっとメーカー側は、耐久性のあるガスコンロをつくらなければならない。そうすれば首を絞め合わずに済んだかもしれない。妻はタオルで絞め合って、互いに死ねなかったとき、何となくそう思った。そうして今度は“絞め合う用具”を電気コードに切り替えた。二人とも疲れていた。最近何もしていない夫は体力が弱り、息をゼイゼイさせていた。家事仕事のほとんどを続けている妻には体力がわずかに残っていた。「さあ、続けるわよ」「頑張って、私の首を絞めてね」そういって電気コードを渡した。夫はかすかに頷いたが、もう力は残っていないように見えた。妻は夫に手伝って、自らの首にもコードを巻いた。「じゃあ、いくわよ」妻は二重にしたコードを一気に締めた。夢中だった。夫からは力が伝わってこなかった。言い出したのは夫の方ではないか。「あんたも力を入れてよ」そう言いながら、ぐいぐいと締め上げた。夫の手がコードから離れ、ブランとしても締め続けた。こうして一緒に死ぬことはなく、妻だけが生き残った。「殺しちゃった…」しばらくは何もできなかった。やっとのことで電話をかけ、次男に「殺しちゃったの」というのがやっとだった。次男が慌てて119番通報をした。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.