今日の迷言・余言・禁言

ギャンブル依存&占い依存

最近の調査で、自分の住まいの近くにカジノを含む“統合型リゾート”が出来ることに対して、“反対66.8%”“賛成22.8%”と、圧倒的に反対する人達が多いことが明らかになった。そんなに“嫌”なのだろうか。もし、統合型リゾートが出来たとしても「行きたくない」が76.6%「行きたい」が19.6%と、これも圧倒的に拒絶的である。日本人は、そんなに“遊ぶこと”や“楽しむ”ことが嫌いなのだろうか。それとも、カジノのイメージとして“犯罪”を連想するからであろうか。或いは、これ以上“ギャンブル依存症”を増やしたくない、という気持ちが強いからなのであろうか。まず、カジノを含む“統合型リゾート”は、カジノだけをつくるわけではない。例えば「ディズニーランド」は“子供の遊技場”だが、それにプラスして“大人の遊技場”も加えたものが“統合型リゾート”だと思えば良い。そういうところであれば、家族みんなが一緒に出掛けて行って、一日中愉しむことが出来る。ところが、どうも日本人は、男性の“行くところ”と女性の“行くところ”、或いは大人の“行くところ”と子供の“行くところ”を分けたがる。家族みんなで出掛ける…という場合、実際には父親が仕方なく付き合っている、というようなケースが多い。だから“統合型リゾート”など、必要がない、という意見が多くなる。そして何よりも“ギャンブル依存症”を増やす可能性を指摘する声が多い。ところが、依存症というのは、必ずしも“ギャンブル”だけに存在するわけではない。アルコール依存症も存在するし、買い物依存症も存在する。あまり表に出てこないが“占い依存症”だって、存在している。実際、私は明らかに“占い依存症”に陥って、人生をダメにしてしまっている女性を何人も知っている。何から何まで占いに頼って決めていくというのは、実は危険なのだ。特に、洗脳的に相談者を支配し、すべて自分の指示に従わせようとするような占い師の元に通い詰めていく女性には“危険信号”が灯っている。だんだん“占い”というよりも“信仰”のような感覚に陥って、その占い師(?)からの指示がなければ、生きていけないような状態に陥っていくからだ。その占い師(?)自身が、理性的で社会常識をわきまえている人物なら良いのだが、そうではない場合が多い。どういうものか“理性的な占い師”や“常識をわきまえた占い師”の言葉を、占い依存型の女性達は信じないケースが多い。占いは、活用の仕方を間違えると、“毒”にはなっても“薬”にはならないのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.