今日の迷言・余言・禁言

アメリカを襲う「ドクロ」の数々

米カリフォルニア州の山火事が強風にあおられ拡大している。既に40人以上が死亡し、200名以上が行方不明となっている。1万人以上の消防隊員が招集され、16か所から消火や鎮火の活動を行っているが、今のところ鎮火のメドはない。これまでに森林など864平方キロを焼失、建物5700棟が失われた。10万人以上が避難生活となり、地元保安官は「この世の地獄だ」と記者に語っている。不謹慎かもしれないが、もしかすると山火事の映像の中に“炎でドクロが模られている”のではないか…という気がしてならない。かつての“9.11の事件映像”でもそうだったが、しばしば悲惨な状況を映し出す時、そこに「ドクロ」や「悪魔」の“画像”が、心霊写真のように映し出されるのだ。実は、その典型と言えるようなものが、今年9月アメリカのハリケーン時に起こった。ハリケーン「マリア」の“赤外線画像”を見ると、あまりにもクッキリと「ドクロ」が表出しているのだ。実は、その前にもアメリカには「ハービー」と「イルマ」と、二つのハリケーンが続けて襲来してきていた。このように強烈なハリケーンが続けて三度も襲って来ることは稀なのだ。その三度目の「マリア」に映像は出現した。大体ハリケーンに対しての名称が「マリア」とは、どういうことなのか。“偽りのマリア”として、ドクロ画像が出現してきたのだろうか。今回の山火事に対しては、どのような名称がつけられているのか、いないのか知らないが、きっと何らかの形で「ドクロ」や「悪魔」の画像が出現してくるものと思われる。北朝鮮のミサイルが襲ってくる前に、“大自然としてのミサイル”がアメリカを襲っている。私はトランプ大統領が就任する時に、彼には“サンタクロースとしての木星”と“悪魔としての土星”の両方が作用している、という風なことを記した。正に彼が大統領になって以降、アメリカの経済や株価は上昇中だが、大きな災害や事件も目白押しである。多くの人は知らないが、元々「トランプ」という言語は、15世紀における「タロット」を指した表現なのである。そういう意味では「トランプ」が大統領になったのは“運命の大統領”であることを暗示しているのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.