今日の迷言・余言・禁言

アメリカを襲う「ドクロ」の数々

米カリフォルニア州の山火事が強風にあおられ拡大している。既に40人以上が死亡し、200名以上が行方不明となっている。1万人以上の消防隊員が招集され、16か所から消火や鎮火の活動を行っているが、今のところ鎮火のメドはない。これまでに森林など864平方キロを焼失、建物5700棟が失われた。10万人以上が避難生活となり、地元保安官は「この世の地獄だ」と記者に語っている。不謹慎かもしれないが、もしかすると山火事の映像の中に“炎でドクロが模られている”のではないか…という気がしてならない。かつての“9.11の事件映像”でもそうだったが、しばしば悲惨な状況を映し出す時、そこに「ドクロ」や「悪魔」の“画像”が、心霊写真のように映し出されるのだ。実は、その典型と言えるようなものが、今年9月アメリカのハリケーン時に起こった。ハリケーン「マリア」の“赤外線画像”を見ると、あまりにもクッキリと「ドクロ」が表出しているのだ。実は、その前にもアメリカには「ハービー」と「イルマ」と、二つのハリケーンが続けて襲来してきていた。このように強烈なハリケーンが続けて三度も襲って来ることは稀なのだ。その三度目の「マリア」に映像は出現した。大体ハリケーンに対しての名称が「マリア」とは、どういうことなのか。“偽りのマリア”として、ドクロ画像が出現してきたのだろうか。今回の山火事に対しては、どのような名称がつけられているのか、いないのか知らないが、きっと何らかの形で「ドクロ」や「悪魔」の画像が出現してくるものと思われる。北朝鮮のミサイルが襲ってくる前に、“大自然としてのミサイル”がアメリカを襲っている。私はトランプ大統領が就任する時に、彼には“サンタクロースとしての木星”と“悪魔としての土星”の両方が作用している、という風なことを記した。正に彼が大統領になって以降、アメリカの経済や株価は上昇中だが、大きな災害や事件も目白押しである。多くの人は知らないが、元々「トランプ」という言語は、15世紀における「タロット」を指した表現なのである。そういう意味では「トランプ」が大統領になったのは“運命の大統領”であることを暗示しているのだ。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.