今日の迷言・余言・禁言

アニメやゲームが“日本の子供達”を救う

海外に行ってホテルのテレビをつけると、ほとんどの国で“日本のアニメ”が放映されていることを改めて感じる。実際、それを見て育った外国人は年々多くなっている。そういう意味では、日本の文化や習慣など、黙っていても理解・吸収してくれる外国人が年々増えてきているともいえる。そういう国の一つにサウジアラビアがある。昨日、46年ぶりにサウジアラビアの国王が来た。何んと、お供を1000人以上引き連れての“大名旅”である。さすが石油大国。ところが、その“原油価格”が低迷している。これまでは黙っていても“お金持ち”でいられたのだが、これからはそうはいかない。さて、どうするか。ということで、国王が“アジア歴訪”を行っているのだ。これまでマレーシア、インドネシア、ブルネイと訪れ、次が日本、その次が中国だ。これまではいずれも“イスラム教の国”だ。いわば身内のような存在。日本と中国が、長期経済の立て直しに欠くことの出来ない相手国となる。特に日本では“製造業の技術協力”と“アニメやゲームの共同開発”がメインテーマとなる。その両方とも、日本では技術的には最先端だが、資金が限られているため研究・開発に制限がある分野だ。その点、サウジアラビア様がお傍に居れば安心して“研究・開発”が出来る。素晴らしい。ということで、日本にとっても、特に“日本の未来”にとって、もっと言えば“日本の子供たち世代”にとって、素晴らしい話をしに来てくれたのがサルマン国王なのだ。そして、その推進役はムハンマド副皇太子である。彼こそ日本のアニメ育ちで、早くから日本に好意的だった人物だ。つまり、日本のアニメが副皇太子を育て、そしてそのアニメやゲームが“新たな投資部門”として、将来の日本を救おうとしているのだ。それにしても1000人以上を引き連れての外遊、いや歴訪とは、さすが石油大国。鼻も大きいが、財布もデカい。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.