今日の迷言・余言・禁言

やがて世界の「星野リゾート」が誕生していく

私は何となく、この人に“日本一の富豪”と同じ“匂い”を感じるのだ。この人とは「星野リゾート」を各地で展開している星野佳路代表のことだ。もちろん、現在の“日本一富豪”は「ユニクロ」を展開している柳井正氏だ。「ユニクロ」がいつの間にか“世界のユニクロ”になったように、おそらく「星野リゾート」も二十年先には“世界の星野リゾート”になっているのに違いない。その第一歩ともいうべきものがハワイで、来年1月15日から始まる。ホノルル市街に建つ「ザサーフジャックホテル&スイミングクラブ」を全面改装した「星野リゾート サーフジャックハワイ」の開業だ。このホテルこそ、星野リゾートが“北米進出”するための足掛かりとして最重要視しているホテルなのだ。もちろん、北米だけではない。最終的には「ユニクロ」と同じように全世界に進出していく。実は既にタヒチ、バリ、台湾には「星野リゾート」が進出している。だから初めて海外進出するわけではない。けれども、今回のホテルはそれらと違って明確に“北米”を見据えた戦略がある。ここが成功すれば躊躇せず北米に進出できるし、もし失敗に終われば、戦略を見直さなければならない。その後には中国とヨーロッパが控えている。ハワイへの観光客は世界中から集まって来るが、もっとも多いのはアメリカ本土からの観光客だ。したがって、ここで成功できれば、北米でも成功できるのだ。もちろん、日本からの観光客も抑えたいが、それをメインとはしていない。そうしてしまうと、北米に進出するための“足掛かりホテル”とはなれないからだ。実はハワイを狙っているのは、星野リゾートだけではない。京屋グループは「シェラトン・プリンセス・カイクラニ」を再開発しているし、三井不動産は「ハレプナワイキキバイハレクラニ」を改装中である。ただ、それらのところは“日本人客”がメインなのだ。もちろん日本人をメインに据えた方が営業面だけで言えば簡単かもしれない。けれども、それでは「ユニクロ」にはなれない。“世界の星野リゾート”に育てていくためには、日本からの観光客をメインに据えてはならないのだ。もっとも「ユニクロ」が“世界のユニクロ”になったからと言って、それが“日本のファッション”とか“日本の代表的アパレル”と思われるのは、未だに納得できない。こういう言い方は柳井氏に失礼なのだが“ファッションセンス”として、本当は日本を代表してほしくない。それと同じような感慨を、もしかしたらわれわれは“世界の星野リゾート”に抱くかもしれない。それを防ぎたいなら、早急に星野リゾートに立ちはだかる“ホテルブランド”が世界戦略を練らねばならないのだ。


最近の記事はこちら

「復活」の運気を“活かせるか”が鍵

ここ数年、大塚久美子社長率いる「大塚家具」は窮地に立たされっぱなしだった。さまざまなところと提携するとか支援を受けるとかしながら、何とか生き延びている。そして、ここにきてヤマダ電機の“子会社”となるこ…続きを読む

若い女性達が「牛耳る国」が誕生した⁉

われわれ日本人は欧州について、中でも北欧の国々について、あまり知らない。ニュースが届くことが少ないからだ。例えば、フィンランドのこれまでの交通・通信相が34歳の若き女性であったことを知っていた人は少な…続きを読む

「身代わりパソコン」が体調を崩す⁉

私は12月~1月初旬くらいの間に体調を崩すことが多い。この頃になると、北海道は秋から“真冬”に変化する。12月の頭くらいまでは暖かくても、その後一気に外気が変わる。見慣れた風景も“晩秋”の落ち着いた景…続きを読む

「本当に初犯⁉」そんな警察官いやだ

ときどき警察官の不祥事がニュースとなる。その中には、まあこの程度なら…と思うような事件もあるが、許しがたい事件もある。昨日、山形県から飛び込んできたニュースは、いろいろな意味で疑問符がつく。まず、勤務…続きを読む

「まっとう」ではあるが「正しく」はない

TBS系のTV情報番組が元で、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏と実業家の堀江貴文氏との間で“奇妙なバトル”が勃発している。簡単にいうと、薬物などの使用者に対して杉村氏が「逮捕される前に自首すべき」と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.