今日の迷言・余言・禁言

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だった。ところが、徐々に変容してきて、現在では「科学」はほとんど付け足しになった。科学者たちも一応出演しているが、彼らが解説する時間は短い。実質的にはもはや“科学的な内容”とはとても言えない。その典型が「霊視企画」である。とても一流科学者たちを座らせながら、行うような内容ではない。芸能人のオーラをどうのこうの言うのだが、本来なら、この番組の趣旨からすれば「オーラ判定機」のような機械を用いて写真化すべきものである。そのうえで、このオーラの色からすればどうこうというのであれば、まだ納得する部分もある。それが霊能者まがいの芸人が出て来て「こういう風に見えるので、多分これはどうこう…」といった評価で、しかも、それをランク付けまでする。それらに対して科学者たちは茫然と見ている観客にすぎない。大体、最近は「占い師」でもそうだが、芸人なのか、占い師なのかハッキリしない人物が多い。霊視企画も、芸人としての“お笑いトーク”なのか、霊能者としての“予言トーク”なのか、判然とすべきだ。さらに「イマドキの恋愛事情」では“若い女性達”を集めて、その恋愛観や男性観を述べさせたのだが、これが視聴者から反感を買っているらしい。つまり、今の十代、二十代を「勝手に決めつけすぎている」というのだ。同じように見られたくない、としてクレームが続出しているらしい。若い女性の代表として出演させたのはタレントまがいのSNS上で話題の女性達で“一般女性”とは程遠い。確かにモテる男性の条件として「フォロワー数が多いこと」などと言う条件は、あまりにも特殊過ぎて、一般女性達が「共感できない」と反応してきたのも無理がない。若い世代が、番組制作を行うように変わりつつある中で、TV業界全体がムリに「若作り」し過ぎているような気もする。“万人”を対象としなければならないTVでは、“大多数”が共感できる内容でなければ視聴者が離れていく。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.