今日の迷言・余言・禁言

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だった。ところが、徐々に変容してきて、現在では「科学」はほとんど付け足しになった。科学者たちも一応出演しているが、彼らが解説する時間は短い。実質的にはもはや“科学的な内容”とはとても言えない。その典型が「霊視企画」である。とても一流科学者たちを座らせながら、行うような内容ではない。芸能人のオーラをどうのこうの言うのだが、本来なら、この番組の趣旨からすれば「オーラ判定機」のような機械を用いて写真化すべきものである。そのうえで、このオーラの色からすればどうこうというのであれば、まだ納得する部分もある。それが霊能者まがいの芸人が出て来て「こういう風に見えるので、多分これはどうこう…」といった評価で、しかも、それをランク付けまでする。それらに対して科学者たちは茫然と見ている観客にすぎない。大体、最近は「占い師」でもそうだが、芸人なのか、占い師なのかハッキリしない人物が多い。霊視企画も、芸人としての“お笑いトーク”なのか、霊能者としての“予言トーク”なのか、判然とすべきだ。さらに「イマドキの恋愛事情」では“若い女性達”を集めて、その恋愛観や男性観を述べさせたのだが、これが視聴者から反感を買っているらしい。つまり、今の十代、二十代を「勝手に決めつけすぎている」というのだ。同じように見られたくない、としてクレームが続出しているらしい。若い女性の代表として出演させたのはタレントまがいのSNS上で話題の女性達で“一般女性”とは程遠い。確かにモテる男性の条件として「フォロワー数が多いこと」などと言う条件は、あまりにも特殊過ぎて、一般女性達が「共感できない」と反応してきたのも無理がない。若い世代が、番組制作を行うように変わりつつある中で、TV業界全体がムリに「若作り」し過ぎているような気もする。“万人”を対象としなければならないTVでは、“大多数”が共感できる内容でなければ視聴者が離れていく。


最近の記事はこちら

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.