今日の迷言・余言・禁言

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。ただ確実に言えるのは、日本の気候が90年代以降に大きく変化し始めている、という事実だ。それまでは「温帯気候」として、誰もが教科書で教えられ、実際に“その通り”だったのだが、どうも2000年代に入って純粋な「温帯気候(厳密には温帯湿潤気候)」とは言えなくなってきた。このことはデータ的にも、ある程度は証明されていて、毎年、雨の降る日数そのものは減ってきているのに、豪雨の発生頻度はじわじわと上昇しているのだ。もちろん、ちょっとだけよの雨の日が増えるより、短時間で集中豪雨としてやってくる方が災害に繋がりやすい。実はこれは“日本の南側”だけと考えられがちであるが、実際にはそうでもない。日本の北側というか、北西側というか日本海側は冬場にそれがやってくるのだ。つまり“大雪”“ドカ雪”が“集中豪雨”の代わりとなる。したがって夏は“雨による災害”が多くなり、冬は“雪による災害”が多くなる。それも、地域によって南東側は「雨」、北西側は「雪」という感じにバランスが取れる。と言って喜んでいる場合ではない。明らかに、日本列島の「気候」そのものが本来の「温帯気候」から“離脱”し始めている証ともいえるのだ。気温そのものも、ざっくりいうと2度~3度くらい上昇しつつある。上昇度合いは北の地域の方が高くなりやすい。それに対して沖縄などは気温そのものはそんなに大きく変化しないのだが、高温日数が増えていく。つまり、真夏状態が長く続く。もはや四季のハッキリした日本列島ではなくなってしまいそうなのだ。「夏」と「冬」が長くて「春」や「秋」の短い日本列島に変わってゆく。そして、集中豪雨とドカ雪が増えて農作物にも変化が出てくる。動物などの生態系にも変化が出てくるはずで、もしかしたら、近年、クマの出没が多くなったのも、このことと無関係ではないかもしれない。日本人の気質も、平安時代のような優雅さは消えて、戦国時代のように殺伐としてしまうのか…まあ21世紀後半だけどね。


最近の記事はこちら

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

「星」は“芸能界”だけに輝くのではない

よく「成功する」という言葉が使われる。確かに、人として生まれて、成功しないより、成功する方が良いに決まっている。けれども、必ずしも“華やかな成功”が良いとは限らない。また“若いうちに成功”するのが良い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.