今日の迷言・余言・禁言

もう33歳になっていたなんて…

歳月は早い。本当に早い。それを奇妙なことから実感することがある。今日は“マイクを置いて”結婚し、完全に家庭に入った歌手・山口百恵さんの長男が、もう33歳になっていたことを知って愕然とした。まだ20代半ばくらいに思っていたからだ。それが、もう33歳。“山口百恵の息子”から“歌手・三浦祐太郎”に変わって当然の年齢だった。7月に母親の名曲だけをカバーしたアルバムを出したらしい。「いい日旅立ち」とか「秋桜」とか「イミテーションゴールド」…確かにどれも懐かしい。昨日の音楽番組では、珍しく父・三浦友和氏もコメントを寄せていたという。母親と父親の後押しも受けながら、歌手・三浦祐太郎が“かつての名曲”を復活させる。絵に描いたような「二世タレントの形」ではある。けれども、それで多くの人達が共感し、日本人の魂を揺さぶることが出来るなら、それはそれで“歌手・三浦祐太郎”の役割であり、使命なのだと割り切る方が良い。実際、彼のホロスコープでも、月と水星と金星とが0度で一体化し、その180度向い側に“復活の神・冥王星”が居て、その地点に現在トランジット(移動中)の天王星がアスペクトを投げかけている。つまり“伝説の歌姫”の息子は、かつての名曲を“蘇らせる役目”を出生時の時から担っていたのだ。けれども、彼はもちろんそんなことは考えたこともなく、名前を隠して音楽バンドの道に入り、歌手デビューした。けれども、母親のようにスターにはなれず、やがて映画デビューもしたが父親のようにスターにはなれず、結局、いつの間にか「いい日旅立ち」へと辿り着いた。33歳になっていた。そう、私が「もう、そんなに…」と思うほどの年齢になっていた。けれども、この年齢になったからこそ、これらの楽曲が“実感”として歌える。おそらく、母親は“実感”には辿り着かない年齢で歌っていた。歌唱力でそれをカバーしていた。本当は、このくらいの年齢で歌うのが、一番ふさわしい詞や曲なのである。そして、今の日本も、本当はこういう詞や曲をどこかで望んでいる。親子間での“血なまぐさい事件”が多いこの頃、こういう詞や曲の世界を誰もが探し求めているのだ。


最近の記事はこちら

「見切り発車」でも“取り残される”人々

いよいよというべきか、予定では今日5都道県の「緊急事態宣言」が解除される。厳密にいうと、神奈川と北海道とは本来の“解除規定”からは外れるのだが、多分、一緒に解除される。実際には、もう“経済面”が限界に…続きを読む

ネットの「誹謗・中傷」本名を公開すべき‼

スターダム所属の女子レスラー木村花氏が22歳の若さで死去した。ネット上で愛猫に“別れを告げる”写真投稿を遺しての死去となった。男女間のリアルなシェアハウス生活をドキュメント化する番組「テラスハウス」に…続きを読む

「都知事選」を盛り上げる堀江氏の立候補⁉

元ライブドア社長で現在はいろいろ手掛ける堀江貴文氏の動向が注目されている。「都知事選」に“立候補する”ともっぱらの噂なのだ。本人は何も言っていないので「N党」の“話題集め”という見方もある。ただ堀江氏…続きを読む

日本が防ぐべき「三つの凶災」

今年は地球環境にとって稀に見る「凶災の年」である。私が以前から述べていたように、どんなに“大きな出来事”であっても、人が日々興味を抱き続ける期間というのは、そう長くは続かない。だから私は今年2月の時点…続きを読む

「鬼滅の刃」を抑えて「マンガ大賞」を得た作品

5月21日から熊本市現代美術館で再開されるのが漫画家・高浜寛氏による“企画展”である。元々、文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞して2月22日に始まった“企画展”だったが、途中“コロナ騒動”で休止…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.