今日の迷言・余言・禁言

なぜ日本の男性未婚率は“急上昇”したか

発売されたばかりの『データで読み解く「生涯独身」社会』という本が注目されている。データを基として、日本の男女の“未婚率”や“交際率”や“結婚願望”の比率などを示し、特に男性における「生涯独身」が、今後の重要な問題になり得ることを指摘している本だ。単純に言うと、現段階では、50歳男性の4人に一人が「未婚」状態なのだ。もっとも、この“現段階”というのは2015年の調査結果で、今年行われた国勢調査の結果はまだ出ていない。ただ、これまでの推移から間違いなくその比率は上昇しているはずだ。ちなみに女性の場合には7人に一人の割に留まっている。世間的には、女性の方の“独身傾向”の方が注目されやすいが、実際には男性の方がより深刻なのだ。世界的に観ても、先進国における未婚比率は高まっている。だから、特別日本固有の問題ではないのだが、実は問題なのは、日本人の場合にはその9割近くが「結婚を望んでいる」という点にある。他の国では、特定のパートナーは存在しながら「“結婚”という形式」を選択しない傾向が強まっている。そのために未婚率が高まっているのだ。日本の場合には、そうではなくて、相手を得られないことで“独身”のまま来ている。明らかに、その内容が異なるのだ。18歳~34歳までの男女に関する調査でも、男性では7割が、女性では6割が「現在、交際相手がいない」と回答している。つまり、さまざまな恋愛経験があっての“独身”ではなくて、ほとんど恋愛としての本格的交際も経験することなく“独身”で来ている男女が増えているのだ。それを反映するかのように“恋愛の歌謡曲”が減ってきている。70年代から80年代にかけて「流行歌」とも呼ばれる歌謡曲は、時代を反映して“恋愛の歌”が圧倒的に多かった。それが90年代の半ば頃から徐々に少なくなる。“恋愛の歌”が売れなくなったのだ。いつの間にか、日本の“経済力”が低下し、それに合わせて独身者たちの収入が低下し始めた。つまり、生活していくことで“精一杯”で恋愛に回せるような余力が、経済的にも体力的にも若い人たちから失われていったのだ。加えて、世の中に「セクハラ」「パワハラ」「ストーカー」「DV」が横行して、男性の女性に対する“愛情表現”に制約が出てきた。ちょっとしたことでも、女性側から「セクハラ」とか「ストーカー」とか言われるようになった。そうすると、若い男性達は女性に対して“積極的に出ていく”ことが難しくなった。それでいて日本の女性達は“恋愛に受け身”な場合が多い。結局、一部の“イケメン男性”以外は、片想いとなっても“積極的に出れない”状態となってしまった。このままでは、男性の“生涯未婚率”はますます上昇していく。恋愛一つもないまま人生を終えるなんて、あまりにも寂しい。せめて大ヒットして日本中の男女が口ずさむ「流行歌」だけでも生み出さなければ…。


最近の記事はこちら

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者に…続きを読む

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.