今日の迷言・余言・禁言

それぞれの立場からの「愛」

「愛」の判定というのは中々に難しい。今井絵理子議員の“不倫スキャンダル”は、彼女の精いっぱいの言い訳「一線は超えていません」という名言を生み出した。それは「愛し合ってはいますが…」という“隠し言葉”を添えた表現であった。一方の橋下健市議の方は、最初、週刊誌の突撃に「恋愛対象ではありません」と突っぱねておきながら、やがて今井氏と口裏を合わせたかのように、実は自分の方から“交際を求めた”ことを告白している。但し、それだとおかしいので「4~5年前からすでに家庭は崩壊していた」と付け加えた。ところがここに来て、橋本氏の妻側弁護士から「夫は一方的に離婚を要求し、自分から妻子を残して家を出ていった」と反論されている。実は有名人でなくても、このような形の“不倫問題”が、占い師の元へと持ち込まれて来るケースは少なくない。つまり、妻子ある男性が不倫し、それが妻に発覚した場合、それぞれの「愛」に対する捉え方が微妙に異なっているケースが多いのだ。これは夫が不倫する側ではなく、妻の方が不倫する場合でもほぼ同様である。必ずと言って良いほど、不倫する側は「家庭はすでに崩壊している」「夫婦としては終わっている」「いずれ離婚するのは決まっている」などと夫婦間を否定的に認識している。一方、不倫された側は「私たちはやり直せる」「いずれ昔のように戻れる」「愛の絆は残されている」などと夫婦間を肯定的に認識している。また、不倫の対象となる独身者の方は「いつか一緒に暮らせる」「いずれ正式に別れてくれる」「二人の間にしか本当の愛はない」などと自らの不倫を肯定的に認識している。これらの思惑が絡み合うのだから、スムーズに解決できるはずがない。不倫が発覚したことで、離婚に至るケースもあるが、それによってすぐに不倫相手と入籍するケースはそれほど多くはない。また不倫が発覚しても“絶対に離婚しない”と防戦する妻達もいる。また若い女性の中には、不倫はしても、だからと言って、その男性と結婚はしたくない、とうそぶく女性もいる。それぞれの「愛」は、微妙にきしみあいながらも“夜の海”へと漕ぎ出していく…。


最近の記事はこちら

「見切り発車」でも“取り残される”人々

いよいよというべきか、予定では今日5都道県の「緊急事態宣言」が解除される。厳密にいうと、神奈川と北海道とは本来の“解除規定”からは外れるのだが、多分、一緒に解除される。実際には、もう“経済面”が限界に…続きを読む

ネットの「誹謗・中傷」本名を公開すべき‼

スターダム所属の女子レスラー木村花氏が22歳の若さで死去した。ネット上で愛猫に“別れを告げる”写真投稿を遺しての死去となった。男女間のリアルなシェアハウス生活をドキュメント化する番組「テラスハウス」に…続きを読む

「都知事選」を盛り上げる堀江氏の立候補⁉

元ライブドア社長で現在はいろいろ手掛ける堀江貴文氏の動向が注目されている。「都知事選」に“立候補する”ともっぱらの噂なのだ。本人は何も言っていないので「N党」の“話題集め”という見方もある。ただ堀江氏…続きを読む

日本が防ぐべき「三つの凶災」

今年は地球環境にとって稀に見る「凶災の年」である。私が以前から述べていたように、どんなに“大きな出来事”であっても、人が日々興味を抱き続ける期間というのは、そう長くは続かない。だから私は今年2月の時点…続きを読む

「鬼滅の刃」を抑えて「マンガ大賞」を得た作品

5月21日から熊本市現代美術館で再開されるのが漫画家・高浜寛氏による“企画展”である。元々、文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞して2月22日に始まった“企画展”だったが、途中“コロナ騒動”で休止…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.