今日の迷言・余言・禁言

さまざまな「親子」&「兄弟」の形

昨日、何年かぶりで弟に逢った。そうして50代後半以降、弟が何度も入退院を繰り返していることを知った。その割には威勢が良く、元気そうではあった。弟の方から「どこも何ともないの?」と身体のことを訊かれた。そういえば、このところ私自身は“大きな病気”には掛かっていない。眼底出血をして、失明してしまうのではないか、と怯えた時期もあったが、手術してからは、眼にも異常はない。妻の病気の方に意識がいっていて、自分自身の健康には無頓着になっている。よく「健康」について異常なほど気を使う人がいるが、あまり健康を気遣いすぎるのも考えものである。「放っておいても子は育つ」という言葉があるが「健康」も同じようなところがあって、放っておいた方が身体自体の“回復機能”が働きやすいような気がする。こうすれば身体に良いとか、こうすれば健康でいられるとか、食生活はこれこれが良いとか、健康に過敏になり過ぎると、本来持っている“本能的な回復機能”が鈍り出すような気がしてならない。「徹子の部屋」という番組に梅宮アンナ氏が出て、父親である梅宮辰夫氏と母親であるクラウディア氏の両方を介護していることを語ったらしい。父親は6度目のがん、母親は膠原病だ。俗にいう“W介護”の状態にある。彼女は「やっぱり旦那さんがいないとキツイかな」と漏らしたらしい。確かに一人で二人を介護するのは大変だ。まだ娘さんがいるので精神的には支えになっているという。昔は、両親に迷惑をかけることの多かったアンナ氏も、その“借り”を返すかのように頑張っている。或る意味で「昭和」の時代に見られた日本の“親子の形”を引き継いでいる。そうかと思うと、国米兄弟のような例もある。勘違いされると困るので述べておくと、姉はアメリカ国籍の「桜」氏。弟は日本国籍の「創」氏。姉の方はオリンピックにアメリカ代表として出て来る(?)空手選手。弟の方は日本代表として出て来れるかどうか微妙なセーリング選手。そのうち、兄弟で同じ競技で“外国代表”と“日本代表”で激突する兄弟が出て来るかもしれない。世の中、いろんなハーフが多くなってしまったことで、純粋に「国」別の対抗戦とはならなくなってきているような気がする。メダル数もどんどん増えて来て、本来の価値が下がってしまった印象も受ける。そういえば我が家も「4K」テレビに変わったはずなのだが、今一つ「4K」の良さが解からない。時々、テレビ画面が勝手にしゃべり出す怪奇現象があって…何とも怖い。


最近の記事はこちら

今後も「本当の…」で“殺害”が増えていく

さいたま市の教職員住宅で殺害・遺棄された進藤遼佑くん(9歳)の事件は、同居する義理の父親である進藤悠介(32歳)の逮捕・自供によって一応の決着を見た。殺害動機は「本当の父親ではない」と言われたことらし…続きを読む

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.