今日の迷言・余言・禁言

『週刊現代』が『週刊新潮』を抜いていた!

書店に行くと、さまざまな雑誌が目に飛び込んでくる。今は書店でなくても、コンビニにも雑誌は並んでいる。もちろん、コンビニに並ぶのは“売れそうな雑誌”だ。その代表格は『週刊少年ジャンプ』。何しろ発行部数が“200万部を切った”ということがニュースとなるのだ。最盛期の94年には650万部以上を発行していた。あの頃が“売れ過ぎていた”だけの話である。なぜ、あんなに売れたのかというと、少年雑誌のはずなのに、大人までが買い込んでいたからである。今は、それが収まった、というだけの話なのだ。近年、本が売れないというが、雑誌類はそれほど落ち込んではいない。最近の発行部数を調べてみたが、他のコミック誌は『週刊少年マガジン』96万部、『週刊少年サンデー』31万部。女性側の『ちゃお』47万部。『りぼん』17万部。『別冊マーガレット』17万部。一般週刊誌では『週刊文春』65万部。『週刊現代』48万部。『週刊新潮』44万部。『週刊ポスト』38万部。大人向けのコミック誌では『ヤングジャンプ』56万部。『ヤングマガジン』42万部。『ビッグコミックオリジナル』51万部。『ビッグコミック』31万部。女性週刊誌では『女性自身』35万部。『女性セブン』35万部。『週刊女性』20万部。写真師では『FRIDAY』25万部。男性誌では『PRESIDENT』32万部。総合雑誌では『文藝春秋』46万部。女性雑誌では『MORE』21万部。これらが最新の雑誌の発行部数で、つまり、日本における“売れ筋から見た”主要雑誌ということになる。女性誌は総じて発行部数が少ない。それは一つには“雑誌の種類が多い”からで、それぞれが自分に必要な雑誌だけを購入しているからかもしれない。このような数字だけからいえば、インターネットが普及し、雑誌を読まなくなったといわれるが、案外そうでもないことが判る。そして何より私が興味を持ったのは『週刊現代』の躍進である。『週刊新潮』を追い抜いているのだ。近年は中高年に向けての特集記事が多い。ややオーバーな記事が多いが、週刊誌なので派手な方が良いのかもしれない。表紙に「金色」&「赤色」&「デカ見出し」を用いることも多く、目立つよう工夫している。何しろお年寄りは目立たないと、もう見えないのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.