今日の迷言・余言・禁言

「MOMO」は何故宇宙に届かないか

旧約聖書の「バベルの塔」の物語は“宇宙事業”に対する示唆に富んでいる。神は「天にも届く塔を建てよう」とした人類の傲慢さを知って、“もう少し”というところで破壊してしまう。“宇宙事業”は傲慢な意識で取り組むと失敗するのだ。昨日、早朝に大樹町から打ち上げた「MOMO5号」は、あっという間に消滅した。実に4度目の失敗である。宇宙空間にさえも届いていない。「宇宙」に関する分野は“日進月歩”のはずなのだが、実験段階から失敗続きで中々軌道に乗せられない。今回は“クラウドファンディング”という手法を使って、実に2000名もの支援を受けて発射にまでこぎつけたのだが、またしても失敗してしまった。大樹町は最初、全面的に協力していたが、最近は全面的にとは言えないようで、この事業の出資者である堀江貴文氏との関係もギクシャクし始めている。私がもっとも心配するのは、やがて気の短い堀江氏は、自分がオーナーであるインターステラテクノロジズ社の従業員との関係もギクシャクしてくるのではないかという点だ。何回も失敗している「MOMO」の機体は、ここの従業員たちによってつくられている。堀江氏から重責を託されているのは稲川貴大社長である。この二人が真正面から衝突した時は、文字通り「MOMO」が永久に破壊される時になる。おそらく、稲川氏は堀江氏と従業員の中間に立って、辛い日々を過ごされていることだろう。私の正直な感想を言えば、将来的にも、宇宙事業として成功する可能性は低い。宇宙を相手にする事業は、何んと言っても“危険”が伴うので、何回も失敗ばかりしているところに“依頼発注”することは出来ない。堀江氏は「低予算で宇宙までものを運ぶ」ことを念頭に事業計画を進めているはずだが、そうしてそれが出来れば“巨大ビジネス”に成長できると踏んでいるはずだが、最初の「信頼」という部分が得られないのであれば、宇宙事業は成り立たないのだ。どうして失敗ばかりするのか。答えは簡単で、予算を切り詰めすぎるからである。子供の実験ではないのだから、工夫して“少しでも安く”という発想では「信頼」がますます遠のいていく。物事は何でも「安ければ良い」というものではない。それと宇宙事業は、やはり専門知識や技術が必要なのだが、残念ながらそういう点で本当に信頼できるキャリアの人物が配備されていないように見える。多くの人が期待を寄せ、応援してくれている内に、それに見合う成果を出していかないと、必ず「衝突」の危機は来る。


最近の記事はこちら

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.