今日の迷言・余言・禁言

「MOMO」は何故宇宙に届かないか

旧約聖書の「バベルの塔」の物語は“宇宙事業”に対する示唆に富んでいる。神は「天にも届く塔を建てよう」とした人類の傲慢さを知って、“もう少し”というところで破壊してしまう。“宇宙事業”は傲慢な意識で取り組むと失敗するのだ。昨日、早朝に大樹町から打ち上げた「MOMO5号」は、あっという間に消滅した。実に4度目の失敗である。宇宙空間にさえも届いていない。「宇宙」に関する分野は“日進月歩”のはずなのだが、実験段階から失敗続きで中々軌道に乗せられない。今回は“クラウドファンディング”という手法を使って、実に2000名もの支援を受けて発射にまでこぎつけたのだが、またしても失敗してしまった。大樹町は最初、全面的に協力していたが、最近は全面的にとは言えないようで、この事業の出資者である堀江貴文氏との関係もギクシャクし始めている。私がもっとも心配するのは、やがて気の短い堀江氏は、自分がオーナーであるインターステラテクノロジズ社の従業員との関係もギクシャクしてくるのではないかという点だ。何回も失敗している「MOMO」の機体は、ここの従業員たちによってつくられている。堀江氏から重責を託されているのは稲川貴大社長である。この二人が真正面から衝突した時は、文字通り「MOMO」が永久に破壊される時になる。おそらく、稲川氏は堀江氏と従業員の中間に立って、辛い日々を過ごされていることだろう。私の正直な感想を言えば、将来的にも、宇宙事業として成功する可能性は低い。宇宙を相手にする事業は、何んと言っても“危険”が伴うので、何回も失敗ばかりしているところに“依頼発注”することは出来ない。堀江氏は「低予算で宇宙までものを運ぶ」ことを念頭に事業計画を進めているはずだが、そうしてそれが出来れば“巨大ビジネス”に成長できると踏んでいるはずだが、最初の「信頼」という部分が得られないのであれば、宇宙事業は成り立たないのだ。どうして失敗ばかりするのか。答えは簡単で、予算を切り詰めすぎるからである。子供の実験ではないのだから、工夫して“少しでも安く”という発想では「信頼」がますます遠のいていく。物事は何でも「安ければ良い」というものではない。それと宇宙事業は、やはり専門知識や技術が必要なのだが、残念ながらそういう点で本当に信頼できるキャリアの人物が配備されていないように見える。多くの人が期待を寄せ、応援してくれている内に、それに見合う成果を出していかないと、必ず「衝突」の危機は来る。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.