今日の迷言・余言・禁言

「GoToキャンペーン」の“凸凹額”に注目⁉

ときどき私の“観察眼”に引っ掛かる「額」というものがある。もちろん“普通の額”は引っ掛からない。特別に“眼を引く額”というのがニュース報道などで出て来るのだ。特に最近は、誰もかれもがマスクをしているので、嫌でも「額」に眼が行く。そこで私の眼に引っ掛かったのが国土交通大臣の赤羽一嘉氏の「額」だ。この人、経済再生大臣の西村康稔氏と共に「GoToキャンペーン」を受け持っているようで、最近、よくTV等で見掛けるようになった。もちろん、このキャンペーン自体が種々な問題を含んでいるので、文字通り額に汗をかきながら“苦渋の答弁”をしている姿が多い。そのせいなのかどうかは知らないが、この赤羽国土交通大臣の「額」は爽やかではない。まず、額の形そのものが中々珍しい形なのだ。通常、額が禿げ上がっていく場合には、額の隅から抜けていくか、又は額の中心部から抜け上がっていくか、大体どちらかなのだ。この人の場合には、そのどちらからでもない。丁度、眼球のある位置をそのまま縦に髪際まで伸ばした部分、そこが抜け上がっている。したがって額の形状が特殊な形となっている。さらに、もっとも目立つのは額の凹凸である。元々額の肉付きが普通の人より厚いせいもあるが、相当な凸凹な額で、しかも、その凸凹なところに“波打つような横ジワ”が刻まれている。これも中々珍しい形状で、特に額中央部のシワが深く凹んでいる。観相学的な立場から言うと、安倍総理のような“単純な三本線”も味気ないが、この人のような“波打つ線”も不安定で、日本の国土を走る主要道や鉄道のような安心感は乏しい。この人の「額」だけ見ていると、すんなりと目的地にまで辿り着けないような不安を覚えるのだ。もっとも観相学的には、このような額は「苦労人」を意味するもので、窮地に強い相と観ることも出来る。また肉付きが凸凹なのも「波乱の人生」を表しているが、総じて財運は強いものである。そういえば昔、ブッチャーというプロレスラーがいた。額が常に傷つけられてガタガタになっていた。極悪非道のレスラーだったのに、いつの間にか日本では“キャラクターのような人気者”になり、子供達から声援されるようになっていった。そういう意味では、世間から殴られても、蹴られても、決してひるむことなく、しくしくと大臣を続けていくことだ。


最近の記事はこちら

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

「星」は“芸能界”だけに輝くのではない

よく「成功する」という言葉が使われる。確かに、人として生まれて、成功しないより、成功する方が良いに決まっている。けれども、必ずしも“華やかな成功”が良いとは限らない。また“若いうちに成功”するのが良い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.