今日の迷言・余言・禁言

「181年前の心臓」が“街”を守っていた⁉

人体の“臓器”の中でも「心臓」は、やはり“特別な臓器”という印象が残る。その人自身を“象徴している臓器”のような気がするから不思議だ。ましてや、それがアルコールの瓶に密閉され、丁重にブリキの箱に収められる形で埋葬されていたなら、なおのことであろう。しかも、その場所は街のシンボルである“芸術的彫刻が施された噴水”の真下だった。実は、このシンボル的噴水は現在、改修工事の真っただ中にある。その工事によって、ブリキの箱に収められた“アルコール漬けの心臓”が発見されたのだ。「心臓」が誰のものなのかは解かっている。ベルギー東部、スキーリゾートの地として知られるヴェルビエにおいて初代の市長を務めたピエール・ダビド氏の心臓である。なぜなら、噴水の下に埋葬する時、厳かな式典が行われ、本人の希望通りの形で死後44年も経ってから、アルコール漬けの形で組み込まれたことが、市の公式記録にも遺されているからだ。けれども、もうそれから137年も経って「心臓」のことなど誰もが忘れていた。だから改めて“その意義”が見直され、今度は街の美術館の方で、初代市長の心臓は展示されることになった。古代エジプトでは「心臓」という臓器を特別なものとみなしていた。したがって、彼らの“死後法廷”では、必ず本人の「心臓」が天秤に載せられる。その一方には、死後法廷の女神マアトの「毛羽」が載せられる。その二つの“均衡”がとれていれば、無罪放免となる。そういう風に、古代から「心臓」という臓器は“特別なもの”とみなされていた。ヴェルビエの初代市長も、同じような気概を持っていたのに違いない。自分は亡くなっても、自分の魂が“この街”を見守り、市民に“癒しの噴水”を与え続ける。少なくとも、スキーリゾートの地として、街はその当時の“面影”を今にとどめている。人々はもう一度、今度は美術館の中で彼の“人となり”などを知ることになるだろう。


最近の記事はこちら

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.