今日の迷言・余言・禁言

「黒革の手帖」が、なぜ人を惹きつけるのか

作家・松本清張氏の小説でドラマ化された作品は多い。それも何度も繰り返しドラマ化されている作品が多い。この「黒革の手帖」も、いちばん最初にTVドラマ化されたのは、作品が単行本化されて2年後の1982年だった。その時、このドラマの主人公で銀行員から銀座のママに転身した女性・元子役を演じたのは山本陽子氏(当時39歳)であった。その後、すぐに別な局で元子役を演じたのは大谷直子氏(当時33歳)であった。さらに1996年には浅野ゆう子氏(当時36歳)が元子役を演じた。そして2004年には米倉涼子氏(当時29歳)が元子役に挑んだ。それら大物女優の後を引き継ぐ形で2017年に元子役を演じ注目されたのが武井咲氏(当時23歳)であった。ところが彼女の場合、ドラマ終了とほぼ同時に電撃結婚をしてしまった。その武井咲氏の三年ぶり女優復帰第一作が「黒革の手帖~携帯行~」(テレビ朝日系)となることが決まった。“銀座のママ”という特殊な役どころを、復帰作として敢えて望んだというのだ。それにしても、どうしてこの作品は何度も繰り返しドラマ化されるのだろう。おそらく、何度ドラマ化しても、それなりの視聴率がとれ、話題に上るからに違いない。私は何よりも、その魅力の根源はタイトルにあるのだと思う。「黒革の手帖」というタイトルが、何となく良いのだ。銀座のホステスではなく、銀座のママが愛用している手帖である。しかも、その手帖には、日本の一流企業に勤める重役たちの“夜の秘密”が記されている。なんとなく誰もが、ちょっとだけ「覗いてみたい」ような誘惑にかられる。ここで大事なのは、その手帖が“黒革”であることだ。毎年、多くの人が今でも“黒革”かどうかはともかく、年末になると手帖を購入する。多くの人が、その“自分だけの手帖”に他人には見せない何かを記述する。そして、それを保管する。几帳面で大事なことは何でも記述したがる日本人の性質には“手帖”がお似合いなのだ。そして、それが銀座のママであれば“黒革”であってほしいのだ。「ピンクの手帖」では、このドラマは成り立たない。実際には、この小説が書かれた80年代はバブル真っ盛りである。いまのように“つつましく杯を交わす”銀座ではない。けれども、今もって日本の銀座には“日本の未来”が握られている。「黒革の手帖」は日本の「道しるべ」に繋がるかもしれない“妖しいやり取りの手帖”なのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.