今日の迷言・余言・禁言

「黄金風呂」で“身”も“心”も金色に⁉

「金」というものは、あるところにはあるものだ。例えばスーダンの前大統領宅、家宅捜索が入って調べたところ日本円で126億もの現金が眠っていたそうだ。スーダンってそんなに豊かな国でしたっけ? まあ、他人の懐をあれこれ言っても仕方がない。ゴールデンウィークに「黄金風呂」にでも入って、“身”も“心”も金ぴかに輝かせる、というのがどうだろう。昨日、長崎のハウステンボスで「世界最大の黄金風呂」とギネス認定された黄金風呂がオープンしたのだ。何しろ、この風呂、当然のことながら金が掛かっている。18金製で重量154キロ、外形が150㎝で深さ55㎝の“円形風呂”である。実は、黄金風呂というのは一見簡単そうだが製作が大変に難しいそうで、何んと1500人もの職人が8カ月かけて完成させた一大事業だったのだ。但しハウステンボスの黄金風呂に先行するホテルが日本にはいくつもある。千葉県の「ホテル三日月」などは黄金風呂で名をはせたホテルである。但し、ここのホテルの「黄金風呂」は外側にステンレスを使用している。したがって浴槽全体が黄金なのではない。それでも1億5000万の経費が掛かっている。“世界一”のハウステンボスの方は8億円も掛かっているのだ。さて、オープンとはいうものの、もちろん無料ではない。1回1時間の使用料が5400円で予約制となっている。温泉水もナトリウムの多いオレンジ色なので「黄金風呂」に浸っている気分を存分に味わえる。通常より保温力にも優れているらしい。“身”も“心”も金ぴかに輝かせることが出来るなら、そして8億円の浴槽内に居ると思えば、5400円は“お安い料金”とも言えそうだ。ただ何回も入りたいかと問われれば、正直、そうでもないかな。海外のスパなどにある「バラの浴槽」もそうなのだが、一度は話のタネも兼ねて体験してみたいと思うのだが、実際に使用すると、特別どうということもない。こんなものかな、ということになる。「黄金風呂」は入ったことがないので何とも言えないが、まあ、大博打を撃ちたいようなときに使用すれば、乗った気分で行えるかもしれない。そうだ、そのうちハウステンボスにもカジノが出来るだろうから、その直前に使用するのが最高なのではないだろうか。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.