今日の迷言・余言・禁言

「高樹沙耶」と「益戸育江」の間

フジテレビ取材班が逮捕されて三か月の元女優・高樹沙耶の近況等を報告している。それによると現在は拘置所内で23日から開かれる公判を待っている状態らしい。「大麻の共同所持」という罪状による逮捕であったが、本人は既に“吸飲使用”を認めていて、週2~3回ほど大麻をパイプで吸飲してきたと述べている。人は時々「エコライフ」とか「大自然に囲まれた生活」とか言って、都会を離れていく。もちろん、そうやって実際に“幸せ”を得ている人たちもいる。けれども、その“成功率”は残念ながら高くはない。多くの場合、最初の意気込みは消え、我が身体にムチ打って働きながら孤立した日常を送るか、傷ついて都会に舞い戻るか、どちらかが多いのだ。何の縁故もない田舎に溶け込んでいくのは容易ではない。特に方言やアクセントが独特の地域は、一言話しただけで“よそ者”と見分けられる。その地域に“馴染む”ということは、その人たちと同じような“話し方”に近づかなければならない。着ているものも、食べるものも、その地域に合わせなければならない。余程の覚悟がなければ、達成できないのが“田舎暮らし”なのだ。但し、何かしら“後ろめたい事情”を抱えている場合、田舎は“隠れ蓑”になる。そういう意味合いから“田舎を選ぶ”人達もいる。「益戸育江」の場合はどうだったのだろう。彼女は「高樹沙耶」と名乗っていた時には“華やかな都会”が似合った。本名でもある「益戸育江」に女優名も変えてから(?)“田舎暮らし”となった。仕事も、事実上、女優としては第一線を退いた。「益戸育江」には“華やかさ”が感じられない。この名前では女優として生きられない。そして、もう一つ、名前には不思議なほど“イメージの一致”という作用が働く。その人が、その名前にふさわしいイメージを備えていれば“その名”を長く使い続けるが、ふさわしいイメージを備えていないと、短期間で使用しなくなる。或いは使用できなくなる。そういう風に出来ているものなのだ。だから、本人と合わない雰囲気の名前は使用しない方が良い。そういう意味でも、いつまでも「高樹沙耶」と報道される彼女の“改名”は失敗だったのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.