今日の迷言・余言・禁言

「飛び火」は「チェルノブイリ森林火災」で実現‼

私が「四川省の森林火災」について書いたのは4月1日だ。その時、最後に文字通り「飛び火」することを怖れる…という趣旨で締めくくった。ところが、それから3日後、実際に「飛び火」は起こっていて、旧ソ連、現ウクライナのチェルノブイリ原発の周辺地域で森林火災が発生していた。昨年に米カリフォルニア、年初にオーストラリア、さらに中国四川省、そして今回のチェルノブイリ、すべては森林火災であり、いずれも自然発火であり、何日も、何十日もかけて、広大な面積を焼き尽くす。私が年初から言っている「防ぎようのない自然災害」なのだ。今回のチェルノブイリ周辺火災で注目されるのは、あの原発事故地域に及ばないのか、という点である。実は最初、放射能数値が通常の16倍まで跳ね上がったと報道されたが、なぜかその後に打ち消されている。火災は4月4日に発生してすでに十日以上、400人以上の消防隊員とヘリコプターを投入しているが鎮火していない。現在、チェルノブイリ周辺は住居禁止区域だが、もっとも近いプリピャチ市は「原発観光」で欧米人に人気の街となっている。実は“火の手”は、既にこの街にまで到達しようとしているのだ。どうも今年は「防ぎようのない自然災害」があちこちから“火の手”を挙げながら、じわじわ地球人類に迫ってきているようで、不気味な年としか言いようがない。まだ4月なのだ。前半すらも終わっていない。第二幕、第三幕の「防ぎようのない自然災害」の“舞台”が密かに用意されているはずなのだ。「歴史」は常に“行きつ戻りつ”しながら、人間の“愚かさ”や“脆さ”や“危うさ”を露呈してきた。人間は、どう頑張ってみたところで人間で、神の領域に“手を伸ばそうとすること”自体が間違っていることを教えられてきた。それでも、人間は懲りずに、何度でも“神の領域”に近づこうとする。確かに科学技術は格段の進歩を遂げたが、人類の最大の敵ともいうべき「自然災害」にはからきし弱い。その“弱さ”“脆さ”を、これでもか、これでもか、と見せつけるのが、燃上がる地球の“怒り”「森林火災」なのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.