今日の迷言・余言・禁言

「風水」の根底にあるのは「自然との調和」

ときどき占い師やセミプロの方から「風水」に関する質問を受ける。ところが日頃から占いに“関わっている人達”でも、なぜか「風水」に関しては“誤った発想”を持っている場合が多い。「風水」は“魔術”でも“呪術”でもない。生きていくための“調和思想”なのだ。2018年、中国の四川省の成都市で30階建ての高層マンションが8棟完成した。「垂直の森」と名付けられたマンションで、各階のリビングのバルコニーには最初から“緑の森”が備え付けられていた。まるで各階のバルコニーを庭のように緑の植物で埋め尽くしてあったのだ。しかも、自動で定期的に水や肥料を与えられる。そこに暮らす住人は、黙っていても毎日、リビングの部屋からベランダの森を眺めて暮らすことが出来る。これは、まさしく「垂直の森」と誰もが思った。けれども、現在でも、ここに暮らしているのは10組の家族しかいない。全8826室が完成したのに、みんな出て行ったしまった。どうして出て行ったのかと言うと、蚊が大量発生して、とても「緑の森を眺めて暮らす」という状態ではなくなってしまったからだ。植物にしても、異常なくらいの繁殖状態になっていて、棟の壁が覆われ始めている。30階建てのマンションはどれも均一なので、その地域だけ廃墟のようになっていて、景観としても近未来都市の“荒廃した姿”のようで、ちょっと痛々しい。どうして、こんなことになってしまったのか。「風水」という意識があったか、なかったか知らないが「人工の森」は不自然である。遠目で観ると“廃墟の建物”にしか見えない。本来、近代的なマンションの外観に“うっそうとした植物”は合わないのだ。しかも、30階建ての上部は“空の領域”で、そこに突然、植物が生い茂ること自体が“違和感”がある。やはり植物は大地に根を張っているから良いのだ。天空から植物の枝が伸びるのは不自然過ぎる。このままいくと、あと数年もすれば文字通りの廃墟となって、その地域全体が朽ち果てていくだろう。不自然にものを移動するとか、本来の形を変えるとか、強引に理想を継ぎ足すのは「逆効果」に結び付きやすいことを知っておいて欲しい。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.