今日の迷言・余言・禁言

「風水」の原点「先祖」との関係性

「風水」というと、すぐに“家の方位”等を思い浮かべる人が多い。それも確かに「風水」の一部だが、あくまで一部に過ぎない。元々「風水」というのは古代中国で“王朝繁栄の地”を探すことから始まっている。確かに、一つの王朝、現代で言えば国の“政権”、或いは自分が属する“企業”を意味すると思うが、それが末永く繁栄することによって、自分たちの暮らしぶりが豊かになっていくことを意味する。したがって“王朝繁栄の地”を求めるために、殷王朝などは8度も“遷都(王都を変えること)”している。そうやって、理論的にも、実利的にも、都が繁栄しやすい“土地”を探し続けたのだ。現代でも、よく会社の企業名とか拠点となるべき場所とか、次々と変えていく企業もある。元々「風水」の原点というのは、そういう風に“都が繁栄する地”を求めての「体験的教え」から来ている。但し、現代と違うのは「先祖たちも含めての王朝」と捉えていたことだ。つまり、彼らは“先祖の墓地”も含めての「最良の地」を求める。生きている自分達だけが“繁栄すれば良い”という考えではないのだ。彼らの場合、先祖たちは、自分たちを見守って、守護してくれる存在である。したがって、守護しやすい位置に“墓”がなければならない。それは、どういう場所かというと、王朝全体を見渡せるような高台の地だ。もっとも理想的なのは、自分たち生者が仰ぎ見て合唱できる場所、また墓からは先祖たちがこちらを見て“見守れる場所”、この両方を兼ねるようなところこそ最高の「風水の地」なのだ。こうして殷王朝(彼ら自身は「商王朝」と名乗った)は500年以上の長きにわたって繁栄を続けたのだ。もちろん、現代においては、そんなに都合の良い「都」は存在していないかもしれない。ただ、それに近いような“墓所”と“自宅”、或いは“墓所”と“職場”の関係は見いだせるかもしれない。それが難しい場合には、自宅の中で「仏壇」と「家族」の位置関係を、それに近いものにすれば良い。太陽に日差しを浴びる位置に「墓所」があることで、先祖である“死者たち”が活き活きと生命力を発揮し、その子孫である“生者たち”に繁栄する力を与えるというのは、“血縁の法則”としては何となく理解できる。もちろん、墓所、或いは仏壇には、死者たちにパワーを与える読経とか合掌とか日々の供え物とか、が必要である。特に“日々の供え物”は、死者たちがパワーを発揮するのに格好のエネルギー源(⁉)なのだ。こうして、実際に「力」を発揮できる「風水」関係が誕生する。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.