今日の迷言・余言・禁言

「防犯カメラ」は名探偵

最近は刃物を使った殺人事件が多い。日本はアメリカなどのように「銃」は簡単に所持できないが、包丁などの刃物であれば誰でも所持できる。将来的に、刃物など使わなくても調理できるような時代が来れば、もう少し殺人事件は減るかもしれない。3月26日正午頃に東京の杉並区で発生した殺人事件、その容疑者と思われる人物が捕まった。被害者女性が勤める乳児院で働く30代の同僚男性であるらしい。犯人はベランダの窓ガラスを壊して室内へと入り、職場から戻って来る被害者を待ち伏せしていたらしい。被害者はコートを着たままの状態で犯人に気づき、ベランダに出て戸外に助けを求めた。大家さんがそれに気付いて警察に通報したが、到着した時にはすでに犯人の姿はなく、被害者は刃物が突き刺さった状態で倒れていた。けれども、警察への通報が早かったため、二つの証拠品が“早い段階”から特定できた。その一つは「防犯カメラ映像」であり、その一つは「足跡の特定」である。もし、これが数日後の発見であれば、この二つとも特定は困難だったことだろう。現代は戸外においては、そのほとんどの地域に「防犯カメラ」が設置されている。マンションなどでは棟内にも設置されている。被害者が住んでいたのは二階建てのアパートで「防犯カメラ」の設置はない。そういう意味でも早期発見が、容疑者逮捕につながったのだ。被害者女性は親戚の証言によれば「結婚」が決まっていたらしい。もしかすると、そのことと“殺害”が結び付いているかもしれない。少なくとも容疑者が被害者女性に対して複雑な感情を抱いていて、その自宅を知っていたのは間違いがない。そうでなければ、被害者の自宅内で“待ち伏せる”ことなどしない。ものだけ盗んで立ち去れば良いのだ。もしかしたら「愛情」が「怨恨」に変わっていった可能性もある。ただ最初から“殺害”の意図を持っての侵入だったのかは微妙である。それにしても、容疑者を特定できたのは「防犯画像」と「靴跡」である。昔の推理小説では、よく「名探偵」が登場した。いや、現代でも“そのたぐい”の小説は多い。けれども、近年の実際の殺人事件では「防犯カメラ」が活躍しているケースが多い。刑事たちよりも、防犯カメラの「眼」の方が事件の推理に役立つのだ。一部地域では、個人情報の過度な収集だとして防犯カメラを撤去する動きもあるらしいが、なぜ、そんな発想になるのかわからない。犯罪の抑制にもつながる「防犯カメラ」は、われわれ“庶民の味方”であり、事件の“名探偵”であり、探し物を見つけてくれる“無口な友達”なのだ。


最近の記事はこちら

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

“AⅠ”は、なぜ「未来予測」が苦手なのか

近年、遠くない将来には「AI」が人々の日常を手助けするようになる、と言われてきた。既に多くの分野で、その予兆はある。実際ここ十年ほどの間にも様々な分野に「AI」は進出してきた。ところが、どうもいま一つ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.