今日の迷言・余言・禁言

「闇」を抱えた人達が集まるパチンコ店

最近パチンコ店の話題が多くなった。もちろん休業要請に応じない店が多いからだが、応じなかったとしても人が集まらなければ、話題にはならない。パチンコ店の場合は、それぞれの知事が「休業要請」を出してもなかなか従わない。そして、その“従わない店”に客が集まる。むしろ従わなかったために“店名”が報道され、その報道を知ったことで、新たな客が押し寄せるという不可思議な現象が起こっている。北海道の鈴木知事などはもはや“切れ気味”で、個々の店に実際に足を運んで“要請する”という荒業に踏み込んでいる。ただ道央圏だけでも237店舗あるらしく、その9割は“休業要請”に応じているというから、上出来と言えないこともないのだが…。大阪や兵庫では知事たちが苛立ちを隠せず「店名公表」に踏み切った。ところが関西圏のパチンコファンは、その程度では引き下がらない。かえって、それで客が遠方からまでやって来たのだ。元々パチンコファンというのはコアな人達が多い。「どこそこの店が出る」という噂が広がれば、いっせいにその店に客が集まる。何しろ、みんな金が掛かっている。パチンコを“お遊び”としてやっている人など、ほんの一握りなのだ。今回のような騒動の場合、派遣社員とか、パート従業員とか、アルバイト従業員とかが真っ先に“休み”を与えられる。どの職種でも大体そうだ。業種によっては正社員も“休み”や“テレワーク”となって“残業廃止”となって、とにかくみんな時間を持て余している。それなのに、どこも閉まっていて、家に籠るしかない。ところが、籠れる人は良いのだが、いろいろな事情で籠れない人も世の中には多い。例えば、家族から「つまはじきにされているお父さん」などは籠れない。ほんとうは父親なのだから、普段は長時間働いているのだから堂々としていて良いのだが、これが意外とそうでもない。こそこそとパチンコ店に出向いて時間をつぶしたりするのだ。日頃は仕事や夫や子供の事でストレスを抱えている妻の中にも、家事などは夫に任せて気晴らしにパチンコに出掛ける“隠れファン”は多い。飲食商売のパートやアルバイトの人達は、休めるのは良いが収入が減る。それをどこかで補おうとする。ギャンブル好きなら行くところは決まっている。何んとか収入減を補わなければならないのだ。二世帯家族や居候家族では、より以上に気まずい。どちらも同じ日に休むこと自体が問題なのだ。こうして、世の中、家に居られない人も予想以上に多いようなので、どこかしら「行っても良いよ」という場所を作ってあげないと…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.