今日の迷言・余言・禁言

「長寿」は“素晴らしいこと”なのだろうか

インドネシアのジャワ島で記録上「1870年12月31日生まれ」で、現在145歳とされる男性が確認された。英メディアが伝えているもので、その映像も公開されている。現在までの“ギネス記録”では122歳のフランス人女性なので、20歳以上も更新することになる。まあ通常の72,3歳の寿命を二度分“生きた”ことになる。もちろん、本人もそんなに長く生きるとは思わなかったらしく、122歳の時に“墓を準備”したらしい。人相上の「長寿の相」には、“下頤に達する法令線”、“極端に長い耳”、“眉の中に長い毛が生じる”、“耳毛が長い”、“顔の側面に生じる茶斑点”、“額3~4本の長い横皺”、“眼尻の切れが極端に長い”、“耳の手前の肉付きが良い”などがある。ただ、このごろ“長寿=幸福?”なのだろうか、と考える。確かに、俗に「還暦」とも呼ばれる60歳以前の若さで亡くなってしまう「短命」は“不幸”なことかもしれない。けれども、それ以上は、俗にいう“余生”であって、生きていること自体が“授かりもの”のような捉え方もあった。もちろん、現代のように平均寿命が長くなってしまうと、60代、70代でも“まだまだ現役”で、それが当たり前となりつつある。私自身も60代で、自分が“お年寄り”とも思えないが、けれども確実に“肉体的な衰え”を感じることが多い。健康で長寿ならよいのだが、病気で長寿はつまらないし、周囲に迷惑をかけてしまう。いや例え“健康”であっても“100歳以上”は、仲間がいなくなるばかりなのだから、早く“お迎えが来てほしい”…と願っているに違いない。


最近の記事はこちら

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.