今日の迷言・余言・禁言

「銃」と「マリファナ」で闘う(⁉)アメリカ

人種とか民族とかは、宗教とか言語だけでなく、考え方の根底が違っている、と感じることは多い。それが端的に表れたのが今回の「新ウィルス」出現による“生活の変化”である。学校と図書館が封鎖されている地域が多くなった日本では本屋さんが特需となり、特に「児童書」と「学習参考書」「学習ドリル」のようなものが飛ぶように売れている。一方、お国変ってアメリカでは、何んと「銃砲店」と「マリファナの店」が特需となっているそうだ。なぜ新ウィルスに対して“銃”と“マリファナ”で立ち向かおうとするのか理解に苦しむが、それでも何となく“アメリカ人らしい”と思ってしまう。要するにアメリカ人には“臆病な人”が多いということだろう。濃厚接触が危険だと知って、自分の周りに人を近づけないよう銃を装備するという発想なのかもしれない。無理に近づけば殺されそうなのだ。そこまでしなくても…と私などは思うが、意外なほどアメリカ人は真剣らしい。というか極端な反応を示す。マリファナが急に売れ出したのも、或る種の“不安感”を鎮めるための“精神安定剤”的な役割のような気がする。なぜ、そんなに怯えるのか。結局、そういう人達だから“銃規制”など出来っこないのだ。マリファナは何よりも気分をリラックスさせて“多幸感”をもたらすと言われる。しかも数時間後には効果が消えて常習性もない。したがって思考回路の単純なアメリカ人にとっては“不安感”を鎮める一番のクスリと考えがちなのだ。日本の児童が、学校へ行けなくなって“学習成績”に対して不安を持ち、その結果として「学習参考書」や「学習ドリル」が売れるというのは、いかにも真面目な日本人らしい発想である。もしかすると本人よりも、その親の方が“購入させている”結果なのかもしれないが…。とにかく、日本人は「銃」とか「マリファナ」で立ち向かおうとはしない。初対面の場合には、最初から2m以上近づくことは稀である。元々、愛する者と意外には“濃厚接触”をしない民族性を持つ。そういう点では、日本人の“距離感を置く性質”がこういう時には、欧米人よりも役立ちそうで、やはり「奥ゆかしさ」の伝統は維持し続けなければならない。


最近の記事はこちら

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。…続きを読む

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.