今日の迷言・余言・禁言

「過去への決別」で“生まれ変わる”方法⁉

欧米では時々、とてつもなく巨乳の女性達を扱っている雑誌を見掛ける。それも、明らかに不自然で、明らかに“人工的な巨乳”の女性達が登場する。日本の男性達なら、多分、引いてしまうような“巨大すぎる胸”だ。けれども、欧米女性には時々そういう胸に自ら憧れ、自ら挑んでいこうとする女性達がいる。アメリカのミシガン州に暮らすフォクシー・メナジェリー氏(42歳)もそうだし、ロンドンに暮らすニッキー・ヴァレンティ―ナ・ローズ氏(26歳)もそうである。両者ともに6年前から胸の整形を繰り返し、現在は“巨大なる胸”を手に入れている。しかも、ふたりとも、昔の自分を嫌って「生まれ変わりたい」という意識の下、自ら胸を“巨大化”し続けていることが特徴だ。どのくらい大きいか、実は日本で通常、胸を大きくする場合、200㏄~250㏄サイズのシリコンを使うらしい。このくらいのサイズだと身体に負担が掛からないからだ。これが500㏄以上になると身体に負担が掛かって来るので、病院側としては奨めない。ところがである。現在、ヴァレンティ―ナ・ローズ氏の場合、現在3250㏄のインプラントが入っている。さらにフォクシー・メナジェリー氏の方は、現在6640㏄のインプラントが入っている。超巨大なのだ。もちろん、身体には支障が出始めている。けれども、ふたりとも、まだ完成形ではない。メナジェリー氏は自ら「すっかり中毒ね」と語っている。彼女の場合、6年前に夫と離婚し、過去への決別を誓った。その手段として選んだのが「巨乳手術」だった。昔は平凡でシャイで自分に自信が持てなかった。ところが“巨乳”に生まれ変わったことで、モデルの仕事が舞い込み、多くの未知なる人達と出逢い、写真を一緒に取ってほしいとせがまれ、何よりも自分に自信を持つことが出来るようになった。手術をするごとに「新しい自分」に出逢えるのだ。彼女の理想は「砂時計型の体形」である。そのため5月にはお尻も大きく変える。彼女たちに“限界”はない。いや、あるのだが、それに耳を傾けようとはしない。「美」とはかけ離れた巨大な胸を下にして、体が宙に浮いたような形ですやすやと眠る。


最近の記事はこちら

ダンスケが定める「富裕層」のライン

あなたは「ダンスケ」を知っているだろうか? 多分、知らないだろう。その最大手のダンスケが今年6月から導入せざるを得なくなったのが「富裕層」を対象とした“金利の切り替え”である。心ならずも、他の銀行に見…続きを読む

さまざまな「生き方」「考え方」があって良い

日本は比較的“自由な国”である。何を言ったからと言って、すぐ逮捕されるとか、処刑されるとかいうことはない。だから、さまざまな「生き方」「考え方」が基本的に許されている。ところが、時々、それを“許すまい…続きを読む

双子の兄弟は別々に「その児」を狙った

「血は争えない」という言葉があるが、こと“双子”に関しては、昔からさまざまな“一致点”が報告されている。今回の報告は、正直、残酷な報告としか言いようがない。向井亮太・勇生(25歳)の兄弟は双子で、どち…続きを読む

脳腫瘍「手術中」も交響曲を弾き続けた奏者

自分の仕事に対して「プライド」を持っている人は多い。この場合には、執刀医とそれを受ける患者とが、共に自分の仕事にプライドを持っていた。だから、執刀医が「左手の神経は絶対傷つけませんから安心してください…続きを読む

「慎重」は良い「慎重すぎる」は良くない

人にはそれぞれ性質があって、その性質に沿った生活をしていればそれほどストレスは溜まらないが、性質にそぐわない生活を強いられるとストレスを生じる。例えば「組織」内の生活がそぐわない人。そういう人は、どう…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.