今日の迷言・余言・禁言

「運命の予感」が狂気を誘発した

地下鉄サリン事件が発生して今日で22年が経つ。今はもう「オウム真理教」は存在しないが、未だに教祖・麻原彰晃への信仰を持つ者たちはいる。80年代後半、日本はバブル景気に浮かれていたが、そういう世の中に“納得できない若者たち”が居た。それに付け込んだのが麻原だった。もっとも、麻原が最初から“悪事”を企んでいたのかというと、そうではない。実は私は、麻原と妙な因縁がある。或る雑誌の研究レポート記事で、確か記憶が正しければ“私の研究レポート”の後月号が“麻原の研究レポート”だった。私のレポートは“占い”に関するものだったが、麻原のレポートは“ヨガ”に関するもので、その中で彼は“空中浮遊”の写真を載せていた。この当時、彼のグループは「オウム神仙の会」という名称で、宗教ではなかった。ところが、この“写真一枚”で、彼は一気に“注目を集める人物”となり、私の方は無反応だった。彼は、それから少したって“ヨガの達人”から“宗教の教祖”に変身した。瞬く間に彼は有名となり「オウム真理教」そのものが世間の脚光を浴びた。しかし同時に“悪い噂”も流れるようになった。そして1994年6月“松本サリン事件”が起き、日本中を恐怖に陥れた。さらに翌年3月20日、地下鉄サリン事件でとどめを刺した。多くの疑惑が「オウム真理教」に向けられ、その教祖としての麻原彰晃に向かった。やがてTV中継をぶっ通し流す“異例の逮捕劇”へと発展するのだが、その“麻原逮捕の日”、本当は地元ワイドショーで“波木星龍の占い”が流される予定だったのだが、麻原逮捕の方が重要ということで“私の占い”は無くなってしまった。どうも、私は麻原には“分が悪い”ようであった。あれから22年、なぜ麻原は狂気へ向かったのか、それは自らの運命を予感していたからである。彼は、やがて自分の“すべてが失われてしまう”ことを予感していた。ところが、それは“彼自身の運命”なのに“人類そのものの滅亡”であるかのように錯覚したのだ。だから“人類滅亡”を叫び、それに“備えよ”と訴えたのだ。自分自身への“怯え&予感”があったから、彼の言葉には妙な説得力があった。その“救済のための革命”という怪しげな行為こそ、オウム真理教による一連の事件だった。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.