今日の迷言・余言・禁言

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も被害を受けたらしい。彼の場合、日本の司法の手が届かない国まで逃亡し、安心してマスコミにも姿をさらし対応していた。その“安全な住まい”が壊されたということになる。別にそこを狙ったわけではないと思うが、日本からの逃亡者に“安住の地”などないのだ。少なくとも“逃亡者”であるゴーン氏は、もう少し“逃亡者らしく”ひっそりと暮らした方が良い。彼の性格が“ひっそりと暮らす”ことを許さないのかもしれないが、それだと「逃亡者」らしくない。もっと多くの“本当の逃亡者たち”から学んだ方が良い。ただ、今でも“鋭い眼”をしているゴーン氏の「眼」が、これ以上鋭くなるのもちょっと問題なのだが…。大爆発と言えば、今日は広島に原爆が投下されてから75年目にあたる。児童文学者・那須正幹氏は3歳の時に広島の自宅で被爆した。彼は最初のうち学者を目指したのだが、途中からなぜか児童文学に方向転換し『ズッコケ三人組』などベストセラーを生み出した。被爆体験を持っているだけに戦争には敏感で『屋根裏の遠い旅』はベトナム戦争を題材にした作品であり『折り鶴の子どもたち』は反戦をテーマにしたものだ。人はだれでも、自分の経験したことの中から“生きている証”を見出そうとする。それは「思想」とか「哲学」とかいう以前のもので、本能的に磁石のように引き寄せられてしまう。或る種の衝動を伴った“祈りにも似た想い”は人に届きやすい。戦争は多くの人を巻き込むが、その多くの人は悪くない。それなのに、人が人を殺し合う。憎しみで殺すのではなく、殺されたくないから殺すのだ。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.