今日の迷言・余言・禁言

「見せるリポート」より「泥臭いリポート」を…

フジテレビの番組で安藤優子キャスターが現地リポーターの女性に、暑さの中で熱中症気味になってしどろもどろの状態での「報告」を執拗に継続させようとしたとして批判を浴びている。この手の番組は多いので、必ずしも彼女が批判されるというより、現地入りさせて何時間も取材させたのち“報告させる”手法そのものに、問題の本質があるよう思われる。臨場感を出すために、その時々の異常な状態を現地取材させるのはニュースやワイドショーにおける定番のやり方だし、そのこと自体が間違っているとは、私は思わない。実際、アナウンサーやリポーターを目指した人の中には、そのいう現地取材や報道をやりたくて報道記者やリポーターを目指した人もいると私には思われる。ところが、多くのニュース番組やワイドショーなどでは、そういう元々が“希望していた人たち”を現地に向かわせたがらない。“見た目的”にというか、“絵面的”にというか、TV画面に登場させると視聴者受けしそうな人物を現地に向かわせがちである。例えば強風の時に、枯れ枝のような細い身体の女性をリポーターとして現地に向かわせる。その方が臨場感が伝わりやすいからだ。もちろんニュースやワイドショーに一般の視聴者が、そこまでの演出を求めているかは疑問である。ただ各局が視聴率で争いを演じている以上、少しでも「臨場感のある取材をしたい」と意気込むのは解からないでもない。問題は人選にあるのだ。日本の場合、リポーターという職業自体が実に曖昧である。アナウンサーなのか、報道記者なのか、タレントなのか、専用リポーターなのか、ほんとうのところよく解からない。時には、キャスターがリポーターを兼ねているケースも多い。本来、危険な現場にも出かけるリポーターはそれなりの訓練とか体力とか素質を供えた人にすべきだし、そういう規定を早く作るべきだ。そうでなければ、そのうち問題になるようなことが必ず起こる。なぜか厳寒の中で「天気予報」をさせる北海道の各局も考え直した方が良い。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.